中学生頻出英単語

一般動詞編

1 go[ゴー]     行く

2 write[ライト]  書く

3 wait[ウェイト]  待つ

4 buy[バイ]  買う

5 want[ウォント]  が欲しい

6 look[ルック]  見る

7 know[ノー]  知っている

8 say[セイ]  言う

9 meet[ミート]  会う

10 have[ハブ]  持っている,食べる

11 bring[ブリング]  持ってくる

12 sound[サウンド]  聞こえる

13 play[プレイ]  (スポーツ)をする,(楽器)を演奏する

14 study[スタディ]  勉強する

15 love[ラブ]  愛している

16 remember[リメンバー]  覚えている

17 like[ライク]  好む

18 understand[アンダースタンド]  理解する

19 thank[サンク]  感謝する

20 live[リブ]  住む

21 call[コール]  呼ぶ、電話をかける

22 try[トライ] 試す,しようとする

23 catch[キャッチ] 捕まえる,間に合う

24 eat[イート] 食べる

25 give[ギブ]  与える

26 come[カム]  来る

27 begin[ビギン]  始める

28 think[シンク]  思う,考える

29 take[テイク] 持っていく,取る,(乗り物)に乗る;(時間)がかかる

30 hear[ヒヤー]  聞こえる

31 get[ゲット]  手に入れる,着く

32 walk [ウォーク]  歩く

33 become [ビカム]  …になる

34 find [ファインド]  見つける,だとわかる

35 drink [ドリンク]  飲む

36 feel [フィール]  感じる

37 see [シー]  見える,会う,わかる

38 ask [アスク]  たずねる

39 talk [トーク]  話す

40 tell [テル]  話す

41 sleep [スリープ]  眠る

42 excite [エクサイト]  興奮させる

43 wake [ウェイク]  目を覚ます

44 decide [ディサイド]  決める

45 stop [ストップ] やめる,立ち止まる

46 cry [クライ]  泣く,叫ぶ

47 wash [ウォッシュ]  洗う

48 cook [クック]  料理する

49 clean [クリーン]  きれいにする

50 change [チェンジ]  変える

51 move [ムーブ]  動かす,引っ越す

52 help [ヘルプ]  助ける,手伝う

53 arrive [アライブ]  到着する

54 cut [カット]  切る

55 put [プット]  置く

56 hold [ホールド] 開催する

57 stay [ステイ]  滞在する

58 watch [ウォッチ]  注意して見る

59 swim [スイム]  泳ぐ

60 push [プッシュ]  押す

61 touch [タッチ  触れる

62 leave [リーブ]  去る,残す

63 surprise [サプライズ]  驚かす

64 mean [ミーン]  意味する

65 make [メイク]  作る

66 believe [ビリーブ]  信じる

67 learn [ラーン]  学ぶ

68 enjoy [エンジョイ]  楽しむ

69 keep [キープ]  保つ

70 use [ユーズ]  使う

71 drive [ドライブ]  運転する

72 break [ブレイク]  壊す

73 sit [シット]  座る

74 fly [フライ]  飛ぶ

75 travel [トラベル]  旅行する

76 smile [スマイル]  ほほえむ

77 laugh [ラフ]  笑う

78 show [ショー] を見せる,示す

79 read [リード]  読む

80 work [ワーク]  働く

 

81 win [ウィン]  勝つ

82 lose [ルーズ]  失う

83 need [ニード]  必要とする

84 visit [ビジット]  訪問する

85 collect [コレクト]  集める

86 hit [ヒット]  打つ

87 send [センド]  送る

88 build [ビルド]  建てる

89 finish [フィニッシュ]  終える

90 carry [キャリー]  運ぶ

91 raise [レイズ]  上げる

92 listen [リッスン] (耳を傾けて)聴く

93 forget [フォーゲット]  忘れる

94 cover [カバー]  覆う

95 invite [インバイト]  招待する

96 dance [ダンス]  踊る

97 pass [パス]  通り過ぎる,経つ,合格する

98 reach [リーチ]  到着する

99 climb [クライム]  登る

100 run [ラン]  走る

  

  

小学生の漢字

小学校3年生の漢字200字をまとめています。

 

 

3年生の漢字―1

カタカナを漢字にしましょう。

1 アクニンをたいじする。[悪人]

2 アンゴウをかいどくする。[暗号]

3 イインチョウをえらぶ。[委員長]

4 こうつうアンゼン。[安全]

5 イシの指示にしたがう。[医師]

6 イガイな事実がはんめいする。[意外]

7 ブインをまとめる。[部員]

8 インショクはきんしです。[飲食]

9 タイイクの時間が始まる。[体育]

10 病気でニュウインする。[入院]

11 ウンドウしんけいがよい。[運動]

12 エキマエのデパートで買い物をする。[駅前]

13 オウダン歩道をわたる。[横断]

14 スイエイのせんしゅになる。[水泳]

15 学校のチュウオウ。[中央]

16 わたしのヘヤがある。[部屋]

17 夏はキオンが高い。[気温]

18 ニモツが届く。[荷物]

19 製品をカイハツする。[開発]

20 日本のブンカ。[文化]

 

 3年生の漢字―2

カタカナを漢字にしましょう。

1 ゲンカイまでがんばる。[限界]

2 カイダンは静かに歩く。[階段]

3 いやなヨカンがする。[予感]

4 リョカンにとまる。[旅館]

5 昼と夜のカンダンの差が大きい。[寒暖]

6 カンジの勉強をする。[漢字]

7 カイガンで遊ぶ。[海岸]

8 じんるいのキゲンを調べる。[起源]

9 たくさんのジョウキャクがいる。[乗客]

10 キュウソクに冷やされる。[急速]

11 キゲンを決める。[期限]

12 ケンキュウけっかを発表する。[研究]

13 三年生にシンキュウする。[進級]

14 ヤキュウをする。[野球]

15 ホドウキョウをわたる。[歩道橋]

16 キュウチュウでの生活。[宮中]

17 カコをふりかえらない。[過去]

18 畑でサギョウをする。[作業]

19 シンキョクを発表する。[新曲]

20 ギンコウへ行く。[銀行]

 

3年生の漢字―3

カタカナを漢字にしましょう。

1 ははにクロウをかける。[苦労]

2 ヤッキョクに行く。[薬局]

3 地区ごとでクベツをする。[区別]

4 ドウグを使う。[道具]

5 カンケイのない話はしない。[関係]

6 ケッカンが細い人。[血管]

7 キミたちはゆうしゅうだ。[君]

8 ケイショクをとる。[軽食]

9 ケッシンする。[決心]

10 自由ケンキュウをする。[研究]

11 キンコを開ける。[金庫]

12 南のホウコウに学校がある。[方向]

13 ヒロシマケンに住む。[広島県

14 美しいミズウミがある。[湖]

15 コウウンなことが続く。[幸運]

16 シンゴウを守る。[信号]

17 サイジツは休みにしよう。[祭日]

18 クウコウに着く。[空港]

19 ダイコンを食べる。[大根]

20 おサラにやさいをもる。[皿]

 

3年生の漢字―4

カタカナを漢字にしましょう。

1 ヒッシにがんばる。[必死]

2 シギョウシキは明日だ。[始業式]

3 シゴトをする。[仕事]

4 この部屋はシヨウしてはいけない。[使用]

5 学校シテイのかばんを使う。[指定]

6 シを読む。[詩]

7 行く場所をジゼンに調べる。[事前]

8 ムシバになる。[虫歯]

9 モクジを読む。[目次]

10 キモちがよい風。[気持]

11 ヨウシキの建て物。[洋式]

12 シャシンをとる。[写真]

13 ジシュてきに勉強をする。[自主]

14 ジツリョクをつける。[実力]

15 彼はガクシャだ。[学者]

16 一人でルス番をする。[留守]

17 インシュ運転はいけない。[飲酒]

18 キュウシュウに台風が上陸する。[九州]

19 シュザイを受ける。[取材]

20 母からの連絡をジュシンする。[受信]

 

3年生の漢字―5

カタカナを漢字にしましょう。

1 さいふをヒロう。[拾]

2 シュウギョウシキがある。[終業式]

3 うるさくてシュウチュウできない。[集中]

4 タイジュウをはかる。[体重]

5 シュウジをならう。[習字]

6 ジュウショを変える。[住所]

7 シュクダイをする。[宿題]

8 夏はアツい。[暑]

9 ショウワに生まれる。[昭和]

10 キンジョに住む。[近所]

11 車のジョシュせきに座る。[助手]

12 ショウドクをする。[消毒]

13 店にショウヒンをならべる。[商品]

14 ショウリをおさめる。[勝利]

15 ショクブツをうえる。[植物]

16 ブンショウを書く。[文章]

17 ジョウバたいけんをする。[乗馬]

18 モウしこみ方法を調べる。[申]

19 カミサマを信じる。[神様]

20 シンヤまで起きる。[深夜]

 

3年生の漢字―6

カタカナを漢字にしましょう。

1 シンタイそくていをする。[身体]

2 シャシンをとる。[写真]

3 シンポする。[進歩]

4 犬のセワをする。[世話]

5 オオムカシの話を読む。[大昔]

6 友だちにソウダンする。[相談]

7 セイリせいとんする。[整理]

8 公園はゼンコクにある。[全国]

9 ソウリョウがかかる。[送料]

10 ためイキが出る。[息]

11 カゾクの仲がよい。[家族]

12 未来の自分をソウゾウする。[想像]

13 ソクドをせいげんする。[速度]

14 タニンに助けられる。[他人]

15 意見がタイリツする。[対立]

16 今は令和のジダイだ。[時代]

17 ダキュウが場外へ消えた。[打球]

18 キタイしています。[期待]

19 ダイサンシャの意見を聞く。[第三者]

20 タンサンの入った飲み物。[炭酸]

 

 

3年生の漢字―7

カタカナを漢字にしましょう。

1 友だちにソウダンする。

2 モンダイをかいけつする。

3 タンショを直す。

4 チャクセキして下さい。

5 チュウイ深くかんさつする。

6 ホウチョウをとぐ。

7 チョウシがよい。

8 デンチュウにぶつかる。

9 テチョウに書きこむ。

10 ツイカのお願いをする。

11 コウテイで遊ぶ。

12 チカテツに乗る。

13 気分がアンテイする。

14 彼はクサブエがうまい。

15 ギャクテン勝ちをする。

16 日本のシュトは東京。

17 野球のトウシュになる。

18 日本はシマグニだ。

19 オンドが上がる。

20 ナットウを食べる。

 

 

3年生の漢字―8

カタカナを漢字にしましょう。

1 ネットウをそそぐ。

2 りんごを四トウブンする。

3 ドウワを読む。

4 八時までにトウコウする。

5 ドウブツをかう。

6 ノウギョウをする。

7 デンパをぼうがいする。

8 売り上げがバイゾウする。

9 ハタサクを行う。

10 彼のことをシンパイする。

11 フデバコを買う。

12 事件がハッセイする。

13 サカミチをのぼる。

14 ヒニクをこめた言い方。

15 ハンタイ意見を言う。

16 大きなコクバン。

17 ヒガンの初優勝。

18 彼女はビジンだ。

19 エンピツをけずる。

20 彼女はヒョウジョウが豊かだ。

 

 

3年生の漢字―9

カタカナを漢字にしましょう。

1 ハナミズが止まらない。

2 ヒョウザンの一角だ。

3 ビョウヨみ段階に入る。

4 新しいサクヒンをてんじする。

5 ブガイシャは入れません。

6 ビョウキにかかる。

7 才能があるとジフする。

8 セイフクを着る。

9 ニモツを持つ。

10 大きなヘンジをする。

11 みんながシュクフクする。

12 ヘイワな世の中。

13 ベンガクにはげむ。

14 ジミな仕事をする。

15 三角形のメンセキを求める。

16 現地からホウソウする。

17 メイレイされるのはいやだ。

18 シツモンする。

19 自分のヤクワリをはたす。

20 ちこくしたリユウを話す。

 

 

3年生の漢字―10

カタカナを漢字にしましょう。

1 ユウメイな人になる。

2 カヤクをつめて花火を作る。

3 ユセイのペンでかく。

4 ユウエンチで遊ぶ。

5 ヨウモウで作られたコート。

6 コトバ遊びをする。

7 ヨテイが決まる。

8 ヨウフクを着る。

9 ヨウキな性格だ。

10 水玉モヨウの服を着る。

11 仲間とゴウリュウする。

12 リョウテを上げる。

13 ダンラクを区切って読む。

14 リョコウに出かける。

15 リョクチャを飲む。

16 ギョウレツができる店。

17 ロメン電車に乗る。

18 シツレイのないようにする。

19 漢字のレンシュウをする。

20 ワシに字を書く。

 

 

 

5年生はここからです。

 

6級7級の漢字書き-1

1 アイジョウを受け取る。 愛情

2 アツリョクがかかる。 圧力

 若手のテイアンが認められる。 提案

 予想イジョウの成果がある。 以上

5 ハクイを着た医者。 白衣

 保護者様カクイにお知らせします。 各位

 ※ みなさまという意味です。

 彼のシュウイには沢山の人がいる。 周囲

 イエキで消化される。 胃液

 国外にイジュウする人。 移住

10 書類にジツインを押す。 実印

 ※ 役所に登録している印かんのことです。

11 事件のインガ関係を調べる。 因果

 ※ 物事が起こる理由とその結果のことです。

12 毎朝エイジ新聞を読む。 英字

13 エイヨウをたくさんとる。 栄養

14 エイキュウに消し去る。 永久

15 明治時代のカンエイ工場。 官営

  ※ 政府がつくったという意味です。

16 人工エイセイを打ち上げる。 衛星

17 外国とボウエキをする。 貿易

18 商売でリエキを上げる。 利益

19 エキタイを持ち歩く。 液体

20 エンブン取りすぎに注意。 塩分

 

 

6級7級の漢字書き-2

1 エンギがすばらしい。 演技

2 ていねいなオウタイをする。 応対

 オウフクで1時間かかる。 往復

 宝くじで3オク円あたる。 

5 彼女は命のオンジンです。 恩人

 殺人事件のカガイ者。 加害

 キンカを拾う。 金貨

 多くのカダイがある。 課題

 外出キョカを求める。 許可

10 カセツ住宅に住む。 仮設

11 商品のカカクを決める。 価格

12 ウンガを通る。 運河

13 電車が駅をツウカする。 通過

14 植物がハツガする。 発芽

15 シュクガ会を行う。 祝賀

16 制度がカイセされる。 改正

17 キカイ体操をする。 器械

18 オリンピックでカイキョする。 快挙

19 試合のカイセ者。 解説

20 ガイトウが町を照らす。 街灯

 

 

6級7級の漢字書き-3

1 ジカクした行動をとりましょう。 自覚

 

2 ヒンカクのあるひと。 品格

 勝利をカクシンする。 確信

 お年玉をゼンガク使う。 全額

 この商品はカンバイしました。 完売

 ケッカンがつまる病気にかかる。 血管

 報道キカンではたらく。 機関

 この美しいイカを保存したい。 景観

 けしき、ながめのことです。

 鉄鋼業は日本のキカン産業です。 基幹

 中心という意味です。

10 早起きのシュウカンをつけよう。 習慣

11 ガンショを取り寄せる。 願書

12 メガネをかけている人。 眼鏡

13 キボウを持って生きよう。 希望

14 1セイキは100年です。 世紀

15 日本のコッキは日の丸だ。 国旗

16 実験キグをそろえる。 器具

17 お金をキフする。 寄付

18 細かいキテイが多い。 規定

19 学校のルールをキョウギする。 協議

20 オリンピックのキョウギに参加したい。 競技

 

 

 

6級7級の漢字書き-4

1 ギリチョコをあげる。 義理

2 ギャッキョウに打ち勝つ人間なれ。 逆境

 ※ 悪いことが起こるということです。

 みんなのヨウキュウをきく。 要求

 祖母がキュウキュウ車で運ばれる。 救急

 初めてのキュウリョウをもらう。 給料

 地方のキュウカのしきたり。 旧家

 古いジュウキョに住む。 住居

 遠洋ギョギョウに出る。 漁業

 国と国のキョウカイ線。 境界

10 ナンキョクを探検する。 南極

11 算数のヘイキン点を求める。 平均

12 父にこの言葉はキンクだ。 禁句

 ※ 言ってはいけないということ。

13 漢字のオンクンを調べる。 音訓

14 クウグンに入隊する。 空軍

15 安芸グンに住む。 

16 シカのタイグンに出会う。 大群

17 円のハンケイを求める。 半径

18 英語の五つのブンケイを学ぶ。 文型

19 ヨウイには入ることができない。 容易

 ※ 簡単にはということ。

20 父はしばらくリョウに出ます。 漁 

 

 

6級7級の漢字書き-5

1 ケイリの仕事をする。 経理

※ お金や資産を管理することです。

2 ゲイジュツ品を手に入れる。 芸術

 父のケッテンを知る。 欠点

 ケッコウがんばった。 結構

 いつもセイケツにしておく。 清潔

 会社をサイケンする。 再建

 ケンコウに注意して生活する。 健康

 母のケイケンをもとにする。 経験

 去年のジケンを思い出す。 事件

10 駅のケンバイ機で切符を買う。 券売

11 ケンアクな雰囲気になる。 険悪

12 ケンサ結果を聞く。 検査

13 サイゲなく食べる兄。 際限

14 ゲンザイの生活に満足する。 現在

15 原料不足でゲンサンする。 減産

16 水はエキタイです。 液体

17 コイに負ける。 故意

 ※ わざとということ。

18 わたしコジンの意見を言う。 個人

19 大統領のゴエイをする。 護衛

20 過去のセイコウを思い出す。 成功 

 

 

6級7級の漢字書き-6

1.彼女にコウイを持つ。 [好意]

2.穏やかなキコウ。 [気候]

3.太平洋コウロの船旅。 [航路]

4.学習のコウカが出てくる。 [効果]

5.コウチ面積が増える。 [耕地]

6.鉄コウセキを輸入する。 [鉱石]

7.小説のコウソウを練る。 [構想]

8.震災からフッコウした町。 [復興]

9.予備校のコウシになる。 [講師]

10.事前にコクジされる。 [告示]

11.公私をコンドウするな。 [混同]

12.二位にタイサをつける。 [大差]

13.ガスもれのチョウサをする。 [調査]

14.家庭サイエンをする。 [菜園]

15.サイショの一歩をふみ出す。 [最初]

16.当時をサイゲンする。 [再現]

17.明日はボウサイの日だ。 [防災]

18.彼にはサイシがいる。 [妻子]

19.昆虫サイシュウにいく。 [採集]

20.新しいシザイを仕入れる。 [資材]

 

6級7級の漢字書き-7

1.加害者がシャザイする。 [謝罪]

2.サクジツお届けしました。 [昨日]

3.二千円サツを出す。 []

4.インサツ所ではたらく。 [印刷]

5.サツジン事件が起こる。 [殺人]

6.鳥のカンサツをする。 [観察]

7.ザッシュ犬を飼う。 [雑種]

8.別紙をサンショウする。 [参照]

9.おじのサンポ道を歩く。 [散歩]

10.タンサン水を飲む。 [炭酸]

11.サンセイより反対が多い。 [賛成]

12.預金ザンダカが少ない。 [残高]

13.解答用紙にシメイを書く。 [氏名]

14.シジツに基づく小説。 [史実]

15.有名なシカイ者。 [司会]

16.ツイシ試験を受ける。 [追試]

17.私の意見がシジされる。 [支持]

18.彼女はイシが強い。 [意志]

19.ぶたのシイクをする。 [飼育]

20.ジドウ文学の作品。 [児童]

 

6級7級の漢字書き-8

1.国のセイジに興味を持つ。 [政治]

2.シュクジを述べる。 [祝辞]

3.チシキをたくわえる。 [知識]

4.彼はシツギョウ中だ。 [失業]

5.英語でシツモンする。 [質問]

6.古いコウシャを建てかえる。 [校舎]

7.珍しいヒンシュの花。 [品種]

8.大会のジュショウ式。 [受賞]

9.家具をシュウリする。 [修理]

10.キジュツ問題を解く。 [記述]

11.ジュンジョを守る。 [順序]

12.高いスイジュンがある。 [水準]

13.ショウチクバイの飾り。 [松竹梅]

14.ガッショウ祭をする。 [合唱]

15.インショウがよい人。 [印象]

16.キョウミがある本。 [興味]

17.地方ジチの問題。 [自治]

18.ショウタイ状を受けとる。 [招待]

19.ショウチしました。 [承知]

20.ショウメイ問題を解く。 [証明]

 

6級7級の漢字書き-9

1.健康ジョウタイがよい。 [状態]

2.ニチジョウ生活にもどる。 [日常]

3.世界のジョウセイを知る。 [情勢]

4.ソシキを広げる。 [組織]

5.定年タイショクする。 [退職]

6.ダイジンを決める。 [大臣]

7.セイセキ表をもらう。 [成績]

8.まちがいをハンセイする。 [反省]

9.アンセイにしましょう。 [安静]

10.メンバーのトウセイをとる。 [統制]

11.テキセイに合わせる。 [適性]

12.セイシンをきたえる。 [精神]

13.自動車をセイゾウする。 [製造]

14.ゾウゼイに反対する。 [増税]

15.ケッセキ者が多い。 [欠席]

16.タイセキを求める。 [体積]

17.セキニンを感じる。 [責任]

18.もうけをセッパンする。 [折半]

19.キセツがかわる。 [季節]

20.セツメイ書を読む。 [説明]

 

6級7級の漢字書き-10

1.電車のセツゾクが悪い。 [接続]

2.電話機をセッチする。 [設置]

3.試合がネッセンする。 [熱戦]

4.町のセントウに入る。 [銭湯]

5.センゾの墓。 [先祖]

6.ドクソが回って死ぬ。 [毒素]

7.ソウコのかぎを開ける。 [倉庫]

8.ソウゴウ点を出す。 [総合]

9.ドウゾウが立つ公園。 [銅像]

10.ヤクソクを守る。 [約束]

11.将軍のソッキンが発言する。[側近]

12.学校のキソクを守る。 [規則]

13.道路のソクリョウをする。 [測量]

14.野球部にショゾクする。 [所属]

15.ソツギョウ式を行う。 [卒業]

16.男女のヒリツ。 [比率]

17.シソンを残す。 [子孫]

18.ソントクを考えない。 [損得]

19.工業チタイ。 [地帯]

20.タイレツを組む。 [隊列]

 

6級7級の漢字書き-11

1.タイドが悪い。 [態度]

2.情報をデンタツする。 [伝達]

3.タンドクで行動する。 [単独]

4.ダンケツする。 [団結]

5.家をケンチクする。 [建築]

6.チョキンをする。 [貯金]

7.病気のゼンチョウ。 [前兆]

8.イチョウが悪い。 [胃腸]

9.父がシュッチョウする。 [出張]

10.サイテイのレベル。 [最低]

11.コンテイにある問題。 [根底]

12.思考をテイシする。 [停止]

13.学生証をテイジする。 [提示]

14.オンテイが外れる。 [音程]

15.予想がテキチュウする。 [的中]

16.テキイがある行動。 [敵意]

17.国語ジテンで調べる。 [辞典]

18.トホで五分かかる。 [徒歩]

19.ドリョクをする。 [努力]

20.海からトウダイが見える。 [灯台]

 

6級7級の漢字書き-12

1.ドウドウと試合に挑む。 [堂々]

2.演技をシドウする。 [指導]

3.アクトク業者にだまされる。 [悪徳]

4.武家のカシンになる。 [家臣]

5.テンネン記念物。 [天然]

6.ネンガンの海外旅行。 [念願]

7.ネンリョウがいる。 [燃料]

8.彼はムノウだ。 [無能]

9.辞典をドクハする。 [読破]

10.初戦でハイタイする。 [敗退]

11.今年のバイウは長い。 [梅雨]

12.ハクブツ館ではたらく。 [博物]

13.ユウハンを食べる。 [夕飯]

14.ボウハン対策をする。 [防犯]

15.一人でハンダンする。 [判断]

16.ハンガの作品。 [版画]

17.ケイヒを節約する。 [経費]

18.ヒルイするものがない。 [比類]

19.ヒマンを解消する。 [肥満]

20.ヒジョウ事態。 [非常]

 

6級7級の漢字の書き-13

① 下水道がカンビしている。 [完備]
② ヒツゼン的な結果になる。  [必然]
③ カイヒョウ結果を発表する。 [開票]
④ ボヒョウに花をそなえる。 [墓標]
⑤ 同じドヒョウに立つ。   [土俵]
⑥ ヒョウバンがいい店。   [評判]
⑦ ビン乏神にたたられる。  [貧]
⑧ フリョウ品を取り換える。  [不良]
⑨ 友人フサイを夕食にまねく。 [夫妻]
⑩ 雑誌のフロクを読む。   [付録]
⑪ セイフの高官が来日する。  [政府]
⑫ モウフにくるまって寝る。  [毛布]
⑬ シンプの美しい姿。    [神父]
⑭ ブンブ両道を修める。   [文武]
⑮ 薬のフクサヨウ。   [副作用]
⑯ 敵のホウフクを恐れる。  [報復]
⑰ フクザツな関係にある。  [複雑]
⑱ 鎌倉時代のブツゾウ。   [仏像]
⑲ 野菜をフンマツにした食品。[粉末]
⑳ 富国キョウヘイをめざす。  [強兵]

 

 6級7級の漢字の書き-14
① 公私をクベツした言動。 [区別]
② 学校のシュウヘンは静かだ。 [周辺]
③ 気温のヘンカが大きい。 [変化]
④ 新聞をヘンシュウする。 [編集]
⑤ うそもホウベンという。 [方便]
⑥ 友人のミスをベンゴする。 [弁護]
⑦ ホショウ人になってもらう。 [保証]
⑧ ホウム大臣が許可する。 [法務]
⑨ 新しいジョウホウを求める。 [情報]
⑩ 永久平和のガンボウが強い。 [願望]
⑪ ボウエキ赤字が増える。 [貿易]
⑫ ボウリをむさぼる業者。 [暴利]
⑬ 牛をホウボクする。 [放牧]
⑭ ミメイに火事があった。 [未明]
⑮ 赤石サンミャクを越える。 [山脈]
⑯ ミンゾクの独立を果たす。 [民族]
⑰ ゲームにムチュウになる。 [夢中]
⑱ レンメンと続いている行事。 [連綿]
⑲ 自動車をユシュツする。  [輸出]
⑳ ユウキある発言だ。   [勇気]

 

6級7級の漢字の書き-15
① 本のヨハクをメモする。 [余白]
② 銀行のヨキンを下ろす。 [預金]
③ ヨウリョウを得ない発言。 [要領]
④ エイヨウを考えた食事。 [栄養]
⑤ 安全のキョヨウ量をこえる。 [許容]
⑥ ニュウヨク後に食事をする。 [入浴]
⑦ 新タイリクを発見する。 [大陸]
⑧ 作者のリャクレキを読む。 [略歴]
⑨ 会長はリュウニンする。 [留任]
⑩ 機械をカイリョウする。 [改良]
⑪ ブッシを戦場に届ける。 [物資]
⑫ 体重をゲンリョウしたい。 [減量]
⑬ ネンリンで樹齢が分かる。 [年輪]
⑭ 本社のシレイにしたがう。 [指令]
⑮ カンレイ地では育たない。 [寒冷]
⑯ 様々なジレイを想定する。 [事例]
⑰ 国際レンゴウの本部。  [連合]
⑱ ロウカ防止に役立つ。  [老化]
⑲ ロウドウ時間が長い。  [労働]
⑳ ブキヨウで工作が苦手。  [不器用]

 

高校受験理科

中学理科(1年生)の勉強方法を紹介します。中学理科は生物,地学,物理,化学と大きく4分野に分かれています。それぞれ勉強方法が少し異なりますので,分野ごとに説明していきます。

 

■生物の勉強方法

 植物の世界が中心になります。どのような植物があるのかというところから,植物の分類や光合成などの学習をします。基本は暗記中心の単元になりますが,整理をしながら暗記をしなければ,頭の中がゴチャゴチャの状態になってしまいます。例えば,胚珠は種子になり,子房は果実になるというのはセットにして覚えておいた方がよいですし,シダ植物とコケ植物の違いでは,シダ植物には維管束があるが,コケ植物には維管束がないなどのように,違いに注目して覚えておいた方がよいということもあります。単純に暗記という単元ではありますが,このように工夫して覚えておかなければならないのがこの単元の特徴でもあります。

■地学の勉強方法

 地層や地震,火山についてが中心になります。地層については応用問題が難しく,構造理解が必要になります。地震については計算問題がありますが,ここの計算問題はやり方がある程度決まっていますので,解き方を覚えるという作業になります。ただし,速さの計算がありますので,あらかじめ速さの問題を解く練習をしておく必要があります。火山については,非常に厄介な暗記があります。岩石の種類についてです。この単元はよい語呂合わせがありますので,いっきに覚えていくことになります。このように地学については,暗記と構造理解の両面の学習をすることになるというのが特徴になります。

■物理の勉強方法

 光,音,力のはたらきが中心になります。暗記量は少ないですが,構造理解のウェイトが非常に高いです。簡単に言えば,考えて解く問題が非常に多いということです。理科嫌いはこの単元のせいだといっても過言ではありません。攻略法は,とにかく公式を正確に理解するということです。例えば,圧力(Pa)=力の大きさ(N)÷面積\((m^2)\)ですが,1N=100g,\(1m^2=10000m^2\)であることはあらかじめ知っておく必要があります。攻略のコツは,単位に注目しながら解いていくということです。

■化学の勉強方法

 気体の性質や物質の状態変化などが中心となります。基本は暗記になりますが,実験結果をよく覚えておくというのが攻略のポイントです。気体の性質ではイメージとして覚えておくと忘れにくいのでおすすめです。例えば,酸素は水に溶けにくい。これは,もし雨が降って空気中の酸素が水に溶けて流されてしまったら,大変なことになりますね。つまり,酸素は水に溶けにくいと覚えることができます。溶けにくいというのは,水の中の魚は,水に溶けている酸素だけを体内に取り入れて呼吸をしていることから,少しは水に溶けるということが言えるのです。

このように,単元ごとに勉強の方法が少し異なるということを覚えておいてください。同じ理科という科目でも,単元によって学習の仕方は異なります。

ここでは沢山ある理科用語の中から,絶対に覚えておきたいものだけを厳選しました。各単元の勉強方法を書きましたが,まずは基本用語から覚えていきましょう。

 

・花のつくりとはたらき

1アブラナツツジなどの花は、中心に[めしべ]があり、それを囲むように[おしべ]・[花弁]・[がく]が順にあります。

.花弁が1枚ずつ離れている花を[離弁花]、くっついている花を[合弁花]といいます。

.おしべの先の袋を[やく]といい、中には[花粉]が入っています。

.めしべの先を[柱頭]、根もとのふくらんだ部分を[子房]、その中の粒を[胚珠]といいます。このようなつくりの植物を[被子植物]といいます。

.花粉がめしべの柱頭につくことを[受粉]といい、やがて子房は[果実]、胚珠は[種子]になります。

.マツの花のように胚珠がむきだしになった植物を[裸子植物]といい、花を咲かせ、種子でなかまをふやす植物を[種子植物]といいます。

 

・水や栄養分を運ぶしくみ

1.根には[主根]と[側根]からできているものと、[ひげ根]からできているものがあります。

.根の先端近くにある[根毛]は、根が土とふれる[面積]を大きくして、土中の水や養分を吸収しやすくしています。

.根から吸収した水や養分などが通る管を[道管]、葉でつくられた栄養分が運ばれる管を[師管]といいます。

.数本の道管と師管が集まっている束を[維管束]といいます。

.葉のすじを[葉脈]といい、[平行脈]と[網状脈]があります。

.根・茎・葉などはたくさんの小さな部屋のような[細胞]からできています。

.葉の内部の細胞中には、緑色の[葉緑体]があります。

.葉の表皮には、三日月形の細胞に囲まれた[気孔]があります。

.植物の体の表面から水蒸気が出ていくことを[蒸散]といいます。

 

・栄養分をつくるしくみ

1.植物が光を受けて栄養分をつくるはたらきを[光合成]といいます。

.植物の葉は、多くの光を受けるために[重なり合わない]ようについています。

光合成は細胞の中の[葉緑体]で行われます。

光合成とは[水]と[二酸化炭素]から光のエネルギーを利用して、[酸素]と[でんぷん]を作りだすはたらきのことです。

.葉でつくられたでんぷんは、水に[とけやすい]物質に変わって、[師管]を通り、[果実]や種子などに蓄えられます。

.植物は[光合成]と[呼吸]を同時に行っていますが、出入りする気体の量が多いのは[光合成]の方です。

 

・大地がゆれる

1.地震が発生した場所を[震源]といい、その真上の地点を[震央]といいます。

地震のゆれのうち、初めの小さなゆれを[初期微動]、後からくる大きなゆれを[主要動]といいます。

.初期微動は[P波]、主要動は[S波]が伝えます。

.初期微動が始まってから主要動が始まるまでの時間を[初期微動継続時間]といいます。

.ある地点での地震のゆれの大きさを[震度]、地震そのものの規模を[マグニチュード]といいます。

.大地のずれを[断層]といい、その後地震を起こす可能性があるものを[活断層]といいます。

震源が海底にある場合、[津波]が発生することがあります。

 

・大地が火をふく

1.岩石が地下深くで高温でとけたものを[マグマ]といいます。

.[火山噴出物]のうち、[マグマ]が冷えて結晶になったものを[鉱物]といいます。

.マグマが冷え固まった岩石を[火成岩]といい、地表付近で急に冷え固まったものを[火山岩]、地下深くでゆっくり冷えたものを[深成岩]といいます。

火山岩の比較的大きな鉱物の部分を[斑晶]、小さな部分を[石基]といい、このようなつくりを[斑状組織]といいます。

.深成岩のつくりを[等粒状組織]といい、鉱物の大きさがそろっています。

火山岩は色が白い順位に[流紋岩][安山岩][玄武岩]、深成岩は[花こう岩][せん緑岩][斑れい岩]に分けられます。

 

・地層のでき方

1.気温の変化や風雨のはたらきで、岩石がもろくなることを[風化]、水のはたらきで削られることを[侵食]といいます。

.れき、砂、泥は、流水により[運搬]され、水の流れがゆるやかになった所で[堆積]します。

.堆積物が押し固められ、岩石となったものを[堆積岩]といいます。

.堆積岩は粒が大きい順に[れき岩][砂岩][泥岩]といい、生物の死がいが堆積すると[石灰岩][チャート]に、火山灰が堆積すると[凝灰岩]になります。

.地層ができた当時の環境を知る手がかりとなる化石を[示相化石]、時代を決めるのに役立つ化石を[示準化石]といいます。

 

・大地の歴史

1.地層に大きな力がはたらいてできた、地層の曲がりを[しゅう曲]といいます。

.地層の様子から、土地が上昇([隆起])したり、下降([沈降])したりしたことがわかる。

.海岸で見られる階段状の地形を[海岸段丘]といいます。

.地球の表面を覆う[プレート]の動きによって、その境界では日本列島のような[弧状列島]ができ、火山活動や[地震]などの変動が起きている。

.[大陸]プレート側に火山が多く分布している。

 

・いろいろな物質とその性質

1.炭素を含む物質を[有機物]といいます。

有機物以外の物質を[無機物]といいます。

.金属には[電気]をよく通す性質、[熱]をよく伝える性質、みがくと特有の光沢([金属光沢])があり、たたいて広げたり([展性])、引き延ばしたり([延性])できます。

.てんびんではかる物質のそのものの量を[質量]といいます。

.物質\(1cm^3\)あたりの質量を[密度]といい、物質の[種類]によって決まっています。密度は[\(\displaystyle \color{orange}{\frac{質量}{体積}}\)]で求めます。

.プラスチックは[石油]などを原料として人工的に合成された物質です。

 

・気体の区別

1.水にとけにくい気体は[水上置換法]で集めます。

.水にとけやすく、空気より密度が小さい気体は[上方置換法]、大きい気体は[下方置換法]で集めます。

.酸素は、[二酸化マンガン]にうすい[過酸化水素水]を加えて発生させます。また、ものを[燃やす]はたらきがあります。

二酸化炭素は、[石灰石]にうすい[塩酸]を加えると発生します。また、[石灰水]を白く濁らせます。

アンモニアは[アンモニア水]を加熱したり、[塩化アンモニウム]と[水酸化カルシウム]の混合物を加熱すると発生する。[水]に非常にとけやすく、特有の[刺激臭]があります。

.水素は、鉄や亜鉛にうすい[塩酸]を加えると発生します。物質の中でもっとも[密度]が小さく、火をつけると燃えて[水]が発生します。

.窒素は、空気中に約[78]%ふくまれています。

.卵の殻に食酢をかけると[二酸化炭素]が、ダイコンおろしにオキシドールをかけると[酸素]が発生します。

 

・物質のとけ方と濃度

1.物質を水にとかしたとき、とけている物質を[溶質]といい、溶かしている液体を[溶媒]、合わせて[溶液]といいます。

.水が溶媒であるとき、その溶液を[水溶液]といいます。

.溶けるとは、どの部分も濃さが[均一]であり、液が[透明]である状態のことです。

.溶液の質量に対する溶質の質量の割合を百分率で表したものを[質量パーセント濃度]といいます。

.質量パーセント濃度は[\(\displaystyle\color{orange}{\frac{溶質の量}{溶液の量}\times 100}\)]で求めます。

 

・溶質のとり出し方

1.溶質が限界までとけている状態を[飽和]といい、その水溶液を[飽和水溶液]といいます。

.100gの水に物質をとかして飽和水溶液にしたとき、とけた溶質の質量の値を[溶解度]といい、これは物質の[種類]と[温度]によって決まっています。

.溶解度と温度との関係のグラフを[溶解度曲線]といいます。

.水溶液を冷やすことによって、規則正しい形の個体([結晶])ができます。

.物質を水に溶かして、再び結晶として取り出す操作を[再結晶]といいます。

.空気など、複数の物質がまじりあったものを[混合物]といいます。

.1種類の物質でできているものを[純物質]といいます。

 

・物質の変化

1.物質が、[固体]、[液体]、[気体]と変わることを[状態変化]といいます。

.物質が状態変化すると、[体積]は変化するが[質量]は変化しません。

.液体が沸騰して気体に変化するときの温度を[沸点]、固体がとけて液体に変化するときの温度を[融点]といい、それぞれ物質の[種類]によって決まっています。

 

・混合物の分け方

1.海水を蒸発させると[塩化ナトリウム]などを取り出すことができます。

.水は蒸発すると、目には見えない[水蒸気]になります。

.混合物を加熱すると、混合物の割合によって[沸点]や[融点]は変わってきます。

エタノールの沸点は、水の沸点よりも[低い]ので、エタノールと水の混合物を加熱すると、さきに[エタノール]を取り出すことができます。

.物質を分離する方法には、気体を冷やして液体として取り出す[蒸留]があります。

 

・光の進み方

1.自ら光を出す太陽や電灯のような物体を[光源]といいます。

.光は[直進]します。

.鏡に入ってくる光を[入射光]、反射して出ていく光を[反射光]といいます。

.入射光と鏡の面に垂直に引いた線との間の角を[入射角]、反射光と鏡の面に垂直に引いた線との間の角を[反射角]といいます。

.入射角と反射角はいつも[等しい]。これを光の[反射]の法則といいます。

.光の反射などで、実際にはない場所に物体があるように見えるとき、それを[像]といいます。

.光が凹凸のある物体にあたると、さまざまな方向に反射します。これを[乱反射]といいます。

.光は異なる物質に入ると、境界面で曲がります。これを光の[屈折]といい、曲がって進む光を[屈折光]、境界の面に垂直な直線との間の角を[屈折角]といいます。

.光が、水やガラスから空気中へ進むとき、すべての光が反射することがありますが、これを[全反射]といいます。

 

・音による現象

1.音が出ている物体は[振動]しています。また、音を出すものを[音源]といいます。

.音は[波]としてすべての方向に伝わります。

.音の速さは光の速さより[遅い]。

.弦をはじいたとき、その振れ幅を[振幅]といい、音の[大きさ]を表します。

.弦をはじいたとき、弦が1秒間に振動する回数を[振動数]といい、音の[高低]を表します。単位は[ヘルツ](Hz)が使われます。

 

・力のはたらき

1.力のはたらきには、物体を[変形]させる、物を[支える]、物体の動きを[変える]の3つがあります。

.変形したものがもどろうとする力を[弾性の力(弾性力)]といいます。

.地球の中心に物体が引っ張られる力を[重力]といいます。

.磁石の極と極の間にはたらく力を[磁力]といいます。

.物体を垂直に押す力を[垂直抗力]といいます。

.物体どうしがふれ合った面ではたらく力を[摩擦力]といいます。

.物体にはたらく重力の大きさを[重さ]といい、100g=1[ニュートン](N)といいます。

.ばねののびは、ばねに加わる力の大きさに[比例]します。この関係を[フックの法則]といいます。

.場所によって変化しない、物質そのものの量を[質量]といい、[上皿てんびん]ではかることができます。

10.力の三要素は、力のはたらく点([作用点])、力の[向き]、力の[大きさ]です。

 

・加わる力のはたらき

1.一定面積を[垂直]に押す力を[圧力]といいます。

.圧力の大きさは[\(\displaystyle \color{orange}{\frac{力の大きさ(N)}{力のはたらく面積(m^2)}}\)]で求められ、単位は[\(\color{orange}{N/m^2}\)]や[パスカル](Pa)を使います。

.1Pa=[1]\(N/m^2\)です。

.水にはたらく圧力を[水圧]といいます。

.水圧は、水の深さが[深い]ほど大きく、[全方向]からはたらきます。

.水中の物体にはたらく上向きの力を[浮力]といい、その大きさは物体が水に沈んでいる部分の[体積]が大きいほど大きい。

.空気中で、空気の重さによる圧力を[大気圧]といい、[全方向]からはたらきます。

 

中学理科(2年生)の勉強方法を紹介します。中学理科は生物,地学,物理,化学と大きく4分野に分かれています。それぞれ勉強方法が少し異なりますので,分野ごとに説明していきます。

■生物の勉強方法

 動物の世界が中心になります。動物の分類から感覚器官や血液の循環などの学習します。2年生の生物分野では単純暗記ではなく,構造理解が関わってきます。例えば,目の前のコップを取るときの動作は,目で見る,脳がコップを取るように指令を出す,運動神経に信号を送る,筋肉を動かすように信号を送るというステップを踏み,やっと目の前のコップを取ることができます。しかし,熱いやかんに触れたときに手をやかんから話すときの経路は,夜間に触れる,手をやかんから離すといった超シンプルな経路になります。なぜ,その経路なのかを理解しておかなければ問題を解くことができないのです。暗記の単元ですが,構造理解をしながら学習すると習得しやすい単元です。

■地学の勉強方法

天気の変化が中心となります。季節ごとの天気の変化や特徴,雲の発生などを学習します。この単元では計算問題が出てきますが,決まったパターンの問題しかありませんので,やり方を覚えてしまうのが手っ取り早いです。天気図の問題では,等圧線や前線,高気圧や低気圧の気圧配置など図から読み取る練習をしていくことになります。この問題についても,出題の形式がさほど多いわけではないので,決まった形式の問題の解法を覚えていくということになります。この単元の特徴は,問題のパターン解法を覚えていくという特徴がありますので,単純に重要語句だけを覚えるのではなく問題ごと覚えていくことになります。

■物理の勉強方法

電気の利用が中心となります。中2最難関の単元といってもよいでしょう。はっきり言うと,電気というのは現在の科学をもってしてもよく分かっていないことが多いのが現状です。では,どのようにして勉強すればよいのかという疑問がわいてきますが,実は,電気の性質を覚えていくということになります。なぜだかよく分からないが,どうやらこういう性質がある。ということを覚えていくということです。例えば,N極とS極を近づけると引き合い,N極とN極を近づけると離れます。なぜそうなるかはよく分かりませんが,どうやらそういう性質があるようです。このどうやらそういう性質があるようです。というのがこの単元を難しくしているようです。

■化学の勉強方法

化合や分解が起こるようすを化学反応式を使って表すことが中心となります。この単元は理科ではなく,パズルを解いているという感覚で問題に取り組むのがよいです。例えば,水素に火をつけるとどうなる?では,火をつけるということは酸素を加えるということだから,水素+酸素。水素は\(\displaystyle H_2\),酸素は\(\displaystyle O_2\),水は\(\displaystyle H_2O\)であることから,水素と酸素から水ができるのではないかと考えます。質量保存の法則と言って,化学変化が起こる前後で,原子の数と種類は変わりませんので,\(\displaystyle 2H_2+O_2→2H_2O\)のように原子の数をそろえて完成というわけです。まるで,パズルを解いているようですね。

このように,単元ごとに勉強の方法が少し異なるということを覚えておいてください。同じ理科という科目でも,単元によって学習の仕方は異なります。

ここでは沢山ある理科用語の中から,絶対に覚えておきたいものだけを厳選しました。各単元の勉強方法を書きましたが,まずは基本用語から覚えていきましょう。

 

・物質の成り立ち①

1.炭酸水素ナトリウムを加熱すると気体は[二酸化炭素]、液体は[水]が発生し、試験管には[炭酸ナトリウム]が残ります。

二酸化炭素は[石灰水]に入れてよくふると[白く]濁ります。

.酸化銀を加熱すると気体は[酸素]が発生し、試験管には[銀]が残ります。

.もとの物質とは異なる別の物質ができる変化を[化学変化]といいます。

.1種類の物質が2種類の物質に分かれることを[分解]といい、特に加熱によるものを[熱分解]、電流によるものを[電気分解]といいます。

.水を電気分解するとき、電流を流すために水に[水酸化ナトリウム]をとかします。

.水を電気分解すると陽極からは[酸素]、陰極からは[水素]が発生します。

 

・物質の成り立ち②

1.物質をつくる最小の単位を[原子]といいます。

.原子の種類を[元素]といい、アルファベットで表したものを[元素記号]といいます。

.似た性質をもつ元素を整理した表を[周期表]といいます。

.いくつかの原子が結びついた、その物質の性質を示す最小の単位を[分子]といい、元素記号を使って表したものを[化学式]といいます。

.1種類の元素だけでできている物質を[単体]、2種類以上の元素でできている物質を[化合物]、2種類以上の物質が混ざり合ったものを[混合物]といいます。

 

・物質どうしの化学変化 

1.鉄と硫黄の混合物を加熱すると[硫化鉄]が、銅と硫黄の混合物を加熱すると[硫化銅]ができます。

.2種類以上の物質が化学変化をおこしてできる物質を[化合物]といいます。

.化学変化を化学式を使って表した式を[化学反応式]といいます。

.次の化学反応式をかきなさい。

(1)鉄と硫黄[Fe+S→FeS]

(2)炭素と酸素[\(\displaystyle \color{orange}{C+O_2→CO_2}\)]

(3)水素と酸素[\(\displaystyle \color{orange}{2H_2+O_2→2H_2O}\)]

(4)水を電気分解する[\(\displaystyle \color{orange}{2H_2O→2H_2+O_2}\)]

(5)酸化銀を加熱する[\(\displaystyle \color{orange}{2Ag_2O→4Ag+O_2}\)]

 

・酸素がかかわる化学変化

1.スチールウール(鉄)を空気中で燃やすと[酸化鉄]ができます。

.物質が酸素と結びつく変化を[酸化]といい、できた物質を[酸化物]といいます。

.物質が熱や光を出しながら激しく反応することを[燃焼]といいます。

.銅を加熱すると[酸化銅]ができ、そのときのようすを化学反応式で表すと[2Cu+O2→2CuO]となります。

マグネシウムを加熱すると[酸化マグネシウム]ができ、そのときのようすを化学反応式で表すと[2Mg+O2→2MgO]となります。

.木炭(炭素)を加熱するようすを化学反応式で表すと[\(\displaystyle \color{orange}{C+O_2→CO_2}\)]となります。

.水素に火をつけたときのようすを化学反応式で表すと[\(\displaystyle \color{orange}{2H_2+O_2→2H_2O}\)]となります。

.酸化物から酸素がうばわれる化学変化を[還元]といいます。

酸化銅が炭素によって還元されるようすを化学反応式で表すと[\(\displaystyle \color{orange}{2CuO+C→2Cu+CO_2}\)]です。

10酸化銅が水素によって還元されるようすを化学反応式で表すと[\(\displaystyle \color{orange}{2CuO+2H_2→2Cu+2H_2O}\)]です。

 

・化学変化と物質の質量とその利用

1.化学変化の前後で物質全体の[質量は変化しない]ことを質量保存の法則といいます。

.銅と酸素は[4:1]で結びつきます。

マグネシウムと酸素は[3:2]で結びつきます。

.周囲に熱を出し、温度が上がる化学変化を[発熱反応]といいます。

.周囲から熱をうばい、温度が下がる化学変化を[吸熱反応]といいます。

.物質がもともともっているエネルギーを[化学エネルギー]といいます。

 

・静電気と電流

1.異なる物体がこすれ合うと生じる電気を[静電気]といい、電気を帯びることを[帯電]といいます。

.物質の種類によって+に帯電するか、-に帯電するかが分かれます。つまり、同じ種類の場合[同じ極の電気]が、異なる種類の場合[異なる極の電気]が帯電していると考えることができます。例えば、ストローとストローの場合[反発]し、ストローと紙の場合[引き合い]ます。

.たまっていた電気が空間を一瞬で流れる現象を[放電]といいます。

.気圧が小さい空間を電流が流れる現象を[真空放電]といいます。

真空管の中で見られる電流の流れを[陰極線]といい、[マイナス]の電気を帯びる[電子]の流れのことです。

α線β線、ɤ線、X線をまとめて[放射線]といい、これらを出す物質を[放射性物質]といいます。

 

・動物のからだのつくりとはたらき

1.食物にふくまれる物質を体内に吸収されやすい状態に分解することを[消化]といいます。

.食物を消化するはたらきをもつ液をまとめて[消化液]といいます。

.消化液に含まれており、食物を分解する物質を[消化酵素]といいます。

.だ液に含まれている消化酵素を[アミラーゼ]といいます。

.胃液に含まれている消化酵素を[ペプシン]といいます。

.デンプン分解されると最終的に[ブドウ糖]、タンパク質は分解されると最終的に[アミノ酸]、脂肪は分解されると最終的に[脂肪酸]と[モノグリセリド]になります。

.消化によって分解された物質を体内に取り入れることを[吸収]といいます。

.小腸のかべのひだの表面にある小さな突起を[柔毛]といいます。

.肺の気管支の先にある小さなふくろを[肺胞]といいます。

10.酸素を多く含み、二酸化炭素が少ない血液を[動脈血]といいます。

11.酸素が少なく、二酸化炭素を多く含む血液を[静脈血]といいます。

12.酸素と養分からエネルギーを取り出す細胞の活動を[細胞による呼吸]といいます。

 

・動物のからだのつくりとはたらき②

1.血液を循環させるポンプのはたらきをする器官を[心臓]といいます。

.心臓から送り出される血液が流れる血管を[動脈]、心臓へもどる血液が流れる血管を[静脈]といいます。

.組織に網の目のように張りめぐらされている細い血管を[毛細血管]といいます。

.心臓から肺を通って心臓にもどる血液の流れを[肺循環]、心臓から肺以外の全身を通って心臓にもどる血液の流れを[体循環]といいいます。

.血液中の酸素を運ぶのは[赤血球]、細菌などを分解するのは[白血球]、出血したときに固まらせるのは[血小板]で、養分や不要な物質を運ぶのは[血しょう]です。これらのうち液体の成分は[血しょう]だけです。

.赤血球に含まれており、酸素と結びついたり酸素をはなしたりする性質をもつ物質を[ヘモグロビン]といいます。

.血しょうが毛細血管のかべからしみ出たもので、細胞のまわりを満たす液を[組織液]といいます。

アンモニアは[肝臓]で[尿素]に変えられます。

.血液中の尿素などの不要な物質を取り除くのは[腎臓]です。

 

・刺激と反応

1.外界からの刺激を受けとる器官を[感覚器官]といいます。

.光の刺激を受けとるのは[目]、音の刺激を受けとるのは[耳]、痛み、圧力、温度などの刺激を受けとるのは[皮膚]です。

.脳やせきずいをまとめて[中枢神経]といいます。

.感覚器官から脳やせきずいに信号を伝える神経を[感覚神経]、脳やせきずいから運動器官に信号を伝える神経を[運動神経]といい、これらをまとめて[末しょう神経]といいます。

.刺激を受けて、無意識に起こる反応を[反射]といいます。

.ひじの部分など、骨と骨をつないでいる部分を[関節]、筋肉が骨についている部分を[けん]といいます。

7.腕を曲げると[内側]の筋肉が縮み、のばすと[外側]の筋肉が縮む。

 

・気象の観測①

1.大気中で起こるさまざまな現象を[気象]といいます。

.空全体をしめる雲の割合を[雲量]といいます。雲の割合が0~1のとき[快晴]、2~8のとき[晴れ]、9~10のとき[くもり]といいます。

.天気記号○は[快晴]、●は[雨]、◎は[くもり]を表します。

.気温の観測は地上[1.5m]の高さで行います。

.空気の湿り具合を[湿度]といいます。

.気圧の単位は[hPa(ヘクトパスカル)]といいます。

.風が[吹いてくる]向きを風向といいます。たとえば、風が北から南にふいているとき風向は[北]、けむりが北西になびいているとき風向[南東]になります。

.晴れの日に気温が最も高くなるのは[昼過ぎ]、低くなるのは[朝方]です。

.晴れの日、気圧は[高く]湿度は[低い]、くもりや雨の日は、気圧が[低く]湿度は[高い]。

 

・気象の観測②

1.空気にはたらく重力を[大気圧]といいます。

.一定の面を垂直におす力の大きさを[圧力]といい、単位は[Paパスカル)]を使います。

.天気図上で、気圧が等しい地点を結んだ曲線を[等圧線]といい、間隔が狭いほど風が[強い]。

.中心部の気圧が周囲より高いところを[高気圧]、低いところを[低気圧]といいます。

.高気圧の中心部では[下降気流]、低気圧の中心部では[上昇気流]が起こっています。

.空気中の水蒸気が水滴に変わることを[凝結]、そのときの温度を[露点]といいます。

.1m3中に含むことができる水蒸気の最大の量を[飽和水蒸気量]といいます。

.大気中に含まれている水蒸気の割合を[湿度]といいます。

 

・雲のでき方と前線

1.水蒸気が水滴になる温度を[露点]といいます。

.気温や湿度などの性質が同じ空気のかたまりを[気団]といいます。

.性質が異なる気団が接するところを[前線面]、地上と接しているところを[前線]といいます。

.寒気が暖気を押し上げながら進む前線を[寒冷前線]、暖気が寒気を押しながら進む前線を[温暖前線]といいます。

.寒気が暖気に追いつくと[閉そく前線]、暖気と寒気がぶつかり合うと[停滞前線]になります。

.前線をともなう低気圧を[温帯低気圧]といいます。

温暖前線が影響する[弱い雨を長時間]降らせる雲は[乱層雲]、寒冷前線が影響する[強い雨を短時間]ふらせる雲は[積乱雲]といいます。

 

・大気の動きと日本の天気

1.上空にふいている西風を[偏西風]、季節に特徴的な風を[季節風]、海岸付近で風向が1日のうちに変化する風を[海陸風]といいます。

.日本の天気は、ふつう[西]から[東]へ変わります。

.冬にユーラシア大陸上では[シベリア高気圧]、夏に太平洋上では[太平洋高気圧]、春や秋に日本列島付近を通過するのは[移動性高気圧]といいます。

.冬の季節風は[シベリア気団]、夏に日本列島をおおうのは[小笠原気団]といいます。

.初夏に日本列島付近にできる停滞前線を[梅雨前線]、夏の終わりにできるのは[秋雨前線]といいます。

熱帯低気圧のうち、最大風速が約17m/秒以上のものを[台風]といいます。

.地域で災害を予測し、その被害範囲や避難経路などを示したものを[ハザードマップ]といいます。

.重大な災害が発生が予測される場合、気象庁から[特別警報]が発表されます。

 

・電流の性質①

1.電流の流れる道筋を[回路]といい、1本の道筋でつながったものを[直列回路]、枝分かれした道筋でつながったものを[並列回路]といいます。

.回路用図記号によって回路をを表したものを[回路図]といいいます。

.電流計は回路に[直列]、電圧計は回路に[並列]につなぎます。

.電計計は[5A]端子、電圧計は[300V]端子に初めにつなぎます。

.直列回路は[電流]の値が等しく、並列回路は[電圧]の値が等しい。

.直列回路の[電圧]、並列回路の[電流]の値は、各抵抗にかかる値の和になります。

 

・電流の性質②

1.[オームの法則]とは、電流、電圧、抵抗の関係を式にしたもので、[電圧(V)=電流(A)×抵抗(Ω)]で表すことができます。

.電流の流れにくさを[抵抗]といい、[Ω(オーム)]という単位で表します。

.直列回路では抵抗の値は[各抵抗の和]になります。

.並列回路では、回路全体の抵抗の値は各抵抗の値より[小さい]。

.金属など、抵抗が小さく、電気を通しやすい物体を[導体]といいます。

.ガラスやゴムなど、抵抗が非常に大きく、電気をほとんど通さない物質を[不導体(絶縁体)]といいます。

 

・電流の性質③

1.仕事をすることができる能力を[エネルギー]といいます。

.電気が持っているエネルギーを[電気エネルギー]といい、1秒間あたりに消費される量を[電力]といいます。単位は[ワット(W)]です。

.電力(W)は[電圧(V)×電圧(A)]で求めることができます。

.電流を流したときに発生する熱の量を[熱量]といい、[電力×時間]で求めることができます。単位は[ジュール(J)]です。

.一定時間電流を流したときに消費される電気エネルギーの総量を[電力量]といい、[電力×時間]で求めることができます。

 

・電流と磁界①

1.磁石の力を[磁力]といい、その空間を[磁界]といいます。

.磁針の[N極]が指す向きを磁界の向きといいます。磁界のようすは[磁力線]を使って表し、間隔が狭いところほど磁界は[強い]。

.導線に電流を流すと、導線のまわりに[磁界]ができます。

.導線に電流を流したときにできる磁界の強さは、導線に近いほど[強い]。

.導線に流れる電流を大きくすると、磁界は[大きく]なる。

.[電流]の向きを逆にすると磁界の向きも逆になる。

.コイルの内側と外側の磁界の向きは[逆向き]。

.コイルに流れる電流の向きを逆にすると、磁界の向きは[逆]になる。

 

・電流と磁界②

1.導線の動く向きを逆にする方法は、[電流の向きを逆にする]か[磁石のN極とS極入れかえる]です。

.[モーター]は、電流が磁界から受ける力を利用した装置です。

.コイルの内部の磁界が変化すると、電圧が生じる現象を[電磁誘導]といい、その時に流れる電流を[誘導電流]といいます。

.[電池]などから取り出される一定の向きに流れる電流を[直流]、[コンセント]などから取り出されるような周期的に向きが変化する電流を[交流]といいます。

.交流で、1秒間にくり返す波の数を[周波数]といい、単位は[ヘルツ(Hz)]といいます。

高校受験社会

[:contents世界地理]

 

地理の学習は,地図を片手に位置を確認しながら学習していくというのが基本になりますが,その前にやっておきたいことがあります。それは,基本用語の確認です。基本用語の確認を行った上で,地図を利用しながら確認してください。それはなぜかというと,先に地図を利用しながら確認をすると確かに理解はしやすいです。しかし,一回見ただけでは覚えることは難しいため,覚えるために暗記シート作って勉強し直さなければならないためです。簡単に言えば,二度手間になるということです。ですので,先に基本用語を暗記シートを作って後から地図を利用して勉強すればよいのですが,暗記シートを作るのがかなり面倒です。そこで,あらかじめ覚えておきたい基本用語を事前につくってあるのがこのページだとお考え下さい。先にも話しましたが,暗記シートを作るにはかなりの時間と労力を費やしますし,暗記シートが出来上がった時の達成感から,それで満足してしまう方も多いのではないでしょうか。本来の暗記をするという目標はどこかにいってしまうのです。

このページでは,沢山ある社会の世界地理用語から絶対に覚えておきたいものだけをまとめました。これで完璧というわけではありませんが,これは知っていないとマズいだろう…。という語句シリーズだと思って学習してみてください。覚えておきたいところをオレンジ色にしていますので,赤シートでかくして覚えていきましょう。

 

世界の姿

1.太平洋、大西洋、インド洋をまとめて[三大洋],ユーラシア大陸、アフリカ大陸、北アメリカ大陸南アメリカ大陸オーストラリア大陸南極大陸をまとめて[六大陸]といいます。

2.地球を縮小して作った地球の模型を[地球儀]といいます。

3.イギリスの首都ロンドンを通る経度0度の線を[本初子午線]といいます。

4.海洋に囲まれている国を[島国(海洋国)],海洋に面していない国を[内陸国]といいます。

 

世界の人々の生活と環境

1.カナダ北部に住む先住民を[イヌイット]といいます。

2.一年を通して雪と氷でおおわれている気候帯を[寒帯],冬の寒さが厳しく、夏は高温になる気候帯を[冷帯(亜寒)]といいます。

3.シベリアなどに広がる針葉樹林帯を[タイガ]といいます。

4.日本の大部分が属している温暖な気候帯を[温帯],地中海が属する、冬雨が多く夏に乾燥する気候を[地中海性気候]といいます

5.砂漠やサヘルが属する気候帯を[乾燥帯]といいます。

6.砂漠の中で地下水がわき出る場所を[オアシス]といいます。

7.木や草を焼きはらい、その灰を肥料とする農業を[焼畑農業]といいます。

8.一年を通して気温が高く、季節の変化がほぼない気候帯を[熱帯]といいます。

9.熱帯に見られる、うっそうとした森林を[熱帯雨林]といいます。

10.仏教、キリスト教イスラム教をまとめて[三大宗教]といい,その中で牛を大切にし、インドの多くの人が信仰している宗教を[ヒンドゥー教]といいます。

 

 

 

アジア州

1.世界の屋根とは、チベット高地と[ヒマラヤ山脈]です。

2.半年ごとに風向きが変わるモンスーンと呼ばれる風を[季節風]といいます。

3.韓国、台湾、香港、シンガポールの国や地域を[アジアNIES]といいます。

4.外国企業を受け入れている地区を[経済特区]といいます。

5.中国政府が内陸部と沿岸部の経済格差をなくすために[西部大開発]始めました。

6.東南アジア10か国で構成される国際組織を[東南アジア諸国連合(ASEAN)]といいます。

7.同じ場所で、年2回米を作る栽培方法を[二期作]といいます。

8.コーヒーなどを大規模に栽培するために造られた大農園を[プランテーション]といいます。

9.インドで急成長しているIT産業を[情報技術産業]と呼びます。

10.西アジア産油国などで構成されている国際組織を[石油輸出国機構(OPEC)]といいます。

 

 

ヨーロッパ州

1.ヨーロッパの西岸を流れる暖流を[北大西洋海流],中緯度地方を、一年中、西よりに吹く風を[偏西風]といいます。

2.地中海沿岸地域で行われている農業を[地中海式農業],小麦などの穀物栽培と、豚などの家畜の飼育を組み合わせた農業を[混合農業]といいます。

3.ヨーロッパ南部で使用されている言語の系統を[ラテン系言語]といいます。

4.EUの別の呼び方を[ヨーロッパ連合]といい,共通通貨は[ユーロ]です。

5.GNIの別の呼び方を[国民総所得]といいます。

6.ロシア連邦にあるアジアとヨーロッパを分けている山脈は[ウラル山脈]です。

 

 

アフリカ州

1.他国によって、政治、経済などの面での支配を受けている地域を[植民地]といいます。

2.国家が公に使用することを認めている言語を[公用語]といいます。

3.ヨーロッパ人が行っていた輸出用の作物を栽培する農業を[プランテーション農業]といいます。

4.少数の産業によって成り立っている経済を[モノカルチャー経済]といいます。

5.大都市の一角に形成された貧しい人の住居地域を[スラム]といいます。

6.開発、人権などの問題で、国境をこえて活動する民間の団体を[非政府組織(NGO)]といいます。

 

北アメリカ州

1.メキシコ湾岸で発生する熱帯低気圧を[ハリケーン]といいます。

2.海外に広く生産や販売拠点を持ち、国境をこえて活動する企業を[多国籍企業]といいます。

3.環境に合わせて農作物を栽培する農業を[適地適作],アメリカで主流の少ない労働力で広い面積を経営する農業を[企業的農業]といいます。

4.新種の種子をつくるために利用される科学技術を[バイオテクノロジー]といいます。

5.北緯37度付近から南のIT産業などが発達した地域を[サンベルト]といいます。

6.サンフランシスコの南に位置する電子機器産業が集中している地区を[シリコンバレー]といいます。

7.スペイン語を話す、メキシコなどからやってきた移民を[ヒスパニック]といいます。

 

  

南アメリカ州

1.世界最大の流域面積を持つ河川は[アマゾン川]です。

2.かつてアンデス山脈で栄えた、先住民の帝国を[インカ帝国]といいます。

3.南アメリカ大陸の先住民とヨーロッパ人との混血の人々を[メスチソ]といいます。

4.さとうきびなどから作られるアルコール燃料を[バイオエタノール]といいます。

 

 

オセアニア州

1.オーストラリア大陸と太平洋に広がる島々を含む地域を[オセアニア]といい,降水量が少ない地域が多いことから,オーストラリア大陸は[乾燥大陸]と呼ばれます。

2.オーストラリア大陸北部やパプアニューギニアの大部分の気候帯は[熱帯]です。

3.火山の噴火によってできた島を[火山島]といいます。

4.さんごの仲間の骨格や,石灰質のからを持つ生物の死骸でできた地形を[さんご礁]といいます。

5.オーストラリアの先住民を[アボリジニ],ニュージーランドの先住民を[マオリ]といいます。

6.人口より多く,盛んに[]が飼育されています。

7.鉱山資源を地表から直接けずり取りながら採掘する方法を[露天掘り]といいます。

8.かつてヨーロッパ系以外の移民を制限した政策を[白豪主義]といいます。

9.多様な民族が共存し,それぞれの民族の文化を尊重する社会を[多文化社会]といいます。

 

 

世界地域の調査

 1.調べることがらの主題や題目を[調査テーマ]といいます。

2.思ったことを付け加えていく図を[ウェビングマップ]といいます。

3.インターネットで情報を検索するために利用するものは[検索エンジン]です。

4.数や量を比べるときに利用するグラフは[棒グラフ]です。

5.変化を表すときに利用するグラフは[折れ線グラフ]です。

6.特定のテーマをもとに作られる地図を[主題図]といいます。

 

 

[:contents日本地理]

 日本地理は世界地理と違って,狭く深く学習します。その地域の気候の特色や伝統行事,農産物,工業,地形などをくわしく学習します。ですので,その地域について興味をもって学習するということが非常に大切です。旅行に行ったことある,おじいちゃんやおばあちゃんの家があるなどの場合,学習がしやすいでしょう。といってもさすがに日本全国に知り合いがいたり旅行をしたことがあるという人はいないでしょう。ここで便利なのがインターネットです。その場に行かなくても,HPなどで地域の特色を紹介してくれています。教科書を読むより具体的でずっとわかりやすいです。ですので,インターネットなどで興味をもちながら,詳しく調べるというのが攻略法になります。重要な知識については,このページにまとめておきましたので,覚えていきましょう。

 

 

日本の姿

1.時刻を決める基準となる経線を[標準時子午線]といいます。

2.経度が異なることによる世界の時刻のずれを[時差]といいます。

3.北海道、本州、四国、九州と周辺の島々からなる列島を[日本列島]といいます。

4.沿岸国が管理する[200海里]の海域を[他的)経済水域]といいます。

5.深さ7000m以上の海底の位置を[海溝]といいます。

6.国後島択捉島歯舞諸島色丹島からなる日本固有の領土を[北方領土]といいます。

7.日本の地方政治を行うための基本の単位は[都道府県]です。

 

 

世界から見た日本の自然

 1.太平洋を取り囲む、山脈などが連なる造山帯を[環太平洋造山帯],ヨーロッパからアジアまでのびる造山帯[アルプス・ヒマラヤ造山帯]といいます。

 地震や火山活動がほとんど起こらず、安定した大地を[安定大陸]といいます。

3.飛騨山脈木曽山脈赤石山脈の3山脈を合わせて[日本アルプス]といいます。

4.日本列島の地形を東西に分ける境の地域を[フォッサマグナ]といいます。

5.志摩半島三陸海岸などに見られる、狭い湾が複雑に入り込んだ地形を[リアス海岸]といいます。

6.深さが200mまでの平たんな海底地形を[大陸棚]といいます。

7.千島列島から南下してくる寒流を[親潮(千島海流)]といいます。

8.川から平地や盆地に出たところにできる扇形の地形を[扇状地]何といいます。

9.河口付近に土砂がたまってできる、三角形に近い地形を[三角州]といいます。

10.日本の大部分の地域が属する温帯の気候区を[温暖湿潤気候(温帯湿潤気候)]といいます。

11.西南諸島や小笠原諸島が属する降水量の大きい気候を[亜熱帯]といいます。

12.地震が原因となり,高い波が押し寄せる自然災害を[津波]といいます。

 

 

世界から見た日本の人口

1.国や地域の人口を、その国や地域の面積で割ったものを[人口密度]といいます。

2.発展途上国で見られる急激に人口が増加する現象を[人口爆発]といいます。

3.若者の人口が減少し、高齢者の人口が増加する現象を[少子高齢化]といいます。

4.それぞれの地方の中心的な都市のことを[地方中枢都市]といいます。

5.都心の人口が減少し、郊外の人口が増加する現象を[ドーナツ化現象]といいます。

6.人口の減少と高齢化によって、地域社会の維持が困難な地域を[過疎地域]といいます。

 

世界から見た日本の資源・エネルギー産業

 1.太陽光や風力など、自然の力を利用したエネルギーを[再生可能エネルギー]といいます。

 2.ウランを燃料として行う発電を[原子力発電]といいます。

3.大都市向けに、都市周辺で野菜の栽培などを行う農業を[近郊農業]といいます。

4.ビニルハウスの温室栽培など、植物の成長を促進し出荷時期を早める栽培方法を[促成栽培]といいます。

5.植物の成長を抑制し出荷時期を遅くする栽培方法を[抑制栽培]といいます。

6.温室やビニルハウスを利用して野菜や花などを生産する農業を[施設園芸農業]といいます。

7.稚魚や稚貝をある程度育てた後、海や川に放流する漁業を[栽培漁業]といいます。

8.関東地方から九州地方までに渡る工業地域・工業地帯をまとめて[太平洋ベルト]といいます。

9.小売業と卸売業からなる業種を[商業]といいます。

10.国際線の乗りかえとなる空港を[ハブ空港]といいます。

11.貿易摩擦などの課題を話し合いで解決する国際機関を[世界貿易機関(WTO)]といいます。

12.国内の貨物輸送で、急速に減少している輸送手段は[鉄道]です。

 

 

九州地方

 1.阿蘇山に代表される、火山の活動によってできた大きなくぼ地を[カルデラ]というか。

2.火山活動による噴出物が積み重なってできた地層を[シラス]という。

3.亜熱帯の海に、さんごなどが堆積してできた地形を[さんご礁]という。

4.きゅうりやピーマンなどをビニルハウスで作り、出荷時期を早める栽培方法を[促成栽培]というか。

5.主要なエネルギー源が石炭から石油にかわったことを[エネルギー革命]という。

6.水俣市で起きた、化学工場の排水が原因となる四大公害病は[水俣病]です。

7.郊外に比べ、都市部ほど気温が高くなる現象のことを[ヒートアイランド現象]という。

8.将来のために資源を循環させる産業を育てる社会を[持続可能な社会]という。

 

中国・四国地方

1.瀬戸内を降水量の少ない気候にする風を[季節風]という。

2.作物作りなどに使われる、ため池にためられる水を[農業用水]という。

3.県庁所在地の起源となった町を[城下町]という。

.輸入した石油を加工して製品を作る施設を[石油化学コンビナート]という。

5.瀬戸内海沿岸に広がる工業地域を[瀬戸内工業地域]という。

6.広島市が、世界に平和の大切さを発信するために宣言した呼び方を[平和記念都市]という。

7.各地方の政治や経済、文化の中心的な役割を果たしている都市を[地方中枢都市]という。

8.中国・四国地方の山間部や離島で進む人口が減少する現象を[過疎化]という。

9.過疎化を解決するために取り組む、地域活性化の動きを[町おこし・村おこし]という。

10.本州と四国を結ぶ三つの連絡橋を[本州四国連絡橋]という。

 

近畿地方

 1.若狭湾などの海岸が複雑に入り組んだ地形を[リアス海岸]という。

2.滋賀県にある、日本最大の湖は[琵琶湖]です。

3.大阪を中心とする経済地域で、大阪とその周辺の都市をまとめて[大阪大都市圏]といいます。

4.大阪府兵庫県を中心とする工業地帯を[阪神工業地帯]といいます。

5.古くから受けつがれて生産された工芸品を[伝統的工芸品]といいます。

6.人類共通の遺産として、ユネスコに登録された自然環境や文化財を[世界遺産]といいます。

7.都心と郊外を結ぶ鉄道の起終点駅を[ターミナル駅]といいます。

 

中部地方

 飛騨山脈木曽山脈赤石山脈をまとめて[日本アルプス]という。

2.人口50万人以上の市で、政府の指定を受けた都市を[政令指定都市]という。

3.名古屋を中心とした日本最大の工業都市を[中京工業地帯]という。

4.浜松市富士市など、静岡県の太平洋側に広がる工業地域を[東海工業地域]という。

5.その地域の特徴を生かして発展した工業を[地場産業]という。

6.果物狩りなどを楽しむことができる農園を[観光農園]という。

7.高原地帯で夏の涼しい気候を利用して、平地と出荷時期がずれるように栽培される野菜を[高原野菜]という。

8.北陸でかつて盛んに行われていた、早い時期に出荷する米を[早場米]という。

9.名古屋と結びつきの強い都市の集まりを[名古屋大都市圏]という。

 

 

関東地方
1.関東平野に広がる台地に見られる火山灰が堆積した赤土を[関東ローム]という。

2.関東地方で冬に吹く、冷たく乾燥した北西の季節風を[からっ風]という。

3.東京23区、横浜市さいたま市などの都市圏を[東京大都市圏]という。

4.埼玉、群馬、栃木、茨城にある、工場を計画的に集めた地域を[工業団地]という。

5.郊外の多くの都市の昼間の人口のことを[昼間人口]という。

6.東京湾岸などを中心に発達した工業地帯を[京浜工業地帯]という。

7.高原野菜を大都市などに輸送する園芸農業を[輸送園芸農業]という。

8.貿易額日本一の千葉にある空港の名前は[成田国際空港(成田空港)]です。

 

東北地方,北海道地方

1.東北地方の中央部に南北に走る山脈は[奥羽山脈]です。

2.夏,寒流の[親潮]の影響を受けた冷たい風を[やませ]といいます。

3.三陸海岸沖で暖流と緩流がぶつかるところを[潮目]といいます。

4.農民の副業から始まり,製造技術が代々受け継がれてきた工芸品を生産する産業を[伝統産業]といいます。

5.天童将棋駒などが国から[伝統的工芸品]として指定されています。

6.日本の最北に位置する北海道と東北地方をへだてるのは[津軽海峡]です。

7.特色のある地形や景観を国が指定した公園を[国立公園]といいます。

8.北海道の人口が集中している政令指定都市は[札幌市]です。

9.明治時代,北海道の開拓を進めるために置かれた役所を[開拓使],働いていた兵士を[屯田兵]といいます。

10.道路の雪を解かすため,道路の中に電熱線や温水パイプを入れた装置を[ロードヒーティング]といいます。

11.同じ土地で,年や時期ごとに異なる作物を順番に作る栽培方法を[輪作]といいます。

12.乳牛を飼育し,生乳や乳製品を生産する農業を[酪農]といいます。

13.流水や美しい自然がある知床は[世界遺産(自然遺産)]に指定されています。

 

 

[:contents歴史]

 

歴史の学習は何といっても年表整理と地図上での確認です。歴史は時代の流れが非常に大切になってくるため,年表で整理をしながら学習します。例えば,日本が平安時代のとき中国や朝鮮半島の状況ってどうだっけ?みたいな問題が出題されたり,単純に歴史上の出来事を並べ替えさせたりする問題も存在するからです。それに,歴史は必ず人間が作っているものなので因果関係があります。例えば,鎌倉時代六波羅探題が設置された理由は,1221年に後鳥羽上皇が倒幕運動を起こしますが,二度とこのような朝廷側の倒幕運動が起こらないように,幕府が朝廷を監視する必要があったのです。この朝廷を監視する役職を六波羅探題といいます。このように因果関係を見ながら学習すると効果的になります。

 しかし,年表整理や因果関係をうまく整理しても,結局は覚えてしまわなければなりません。いくら理解しても完全に覚えてしまうということはかなり難しいものです。そこで登場するのが暗記シートです。先に暗記物を覚えてしまってから,実はこういう因果関係があったのだ…。だとか,時代を年表整理してみた実はこうだったんだ…のように整理した方が頭に残りやすいのです。知識が0の状態でいくら理屈を述べられても,よほど頭の良い方でない限り,理解できないのです。ですので,先に知識を覚えるということを優先し他方が有利に学習できるのです。

歴史の暗記量は膨大ですが,絶対に覚えておきたいものだけを抽出してのせています。もちろん,覚えておかなければならないことはまだまだ沢山ありますが,試験によく出るものから覚えておいた方が有利なのは言うまでもありません。覚えておきたいところはオレンジにしてますので,赤シートを利用しながら覚えていきましょう。

 

文明のおこり

.石を打ち砕いて刃を持つ石器を作った人々を[原人]といいます。

.今から1万年前、土器や[磨製石器]を使い、農耕や牧畜を始めた時代を[新石器時代]といいます。

ナイル川流域で、[象形]文字を発明したのは[エジプト文明]です。

チグリス・ユーフラテス川流域で、[楔形]文字を発明したのは[メソポタミア]文明です。

.紀元前16世紀ごろに[]で発明された文字は[甲骨文字]です。

.紀元前3世紀ごろに[]の[始皇帝]が中国を統一しました。

.[アテネ]やスパルタなどの都市国家を[ポリス]といいます。

.紀元前5世紀ごろに、インドで[釈迦]が[仏教]をおこしました。

 

日本のおこり

縄文時代に、人々が食べ物の残りを捨てた跡を[貝塚]といいます。

.[稲作]が伝わったころ、高温で焼かれた土器を[弥生土器]といいます。

.3世紀ごろの日本では、[卑弥呼]が[邪馬台国]を治めていました。

近畿地方の有力な豪族で構成された勢力を[大和政権]といいます。

.[前方後円墳]を代表する王や豪族の墓を[古墳]といいます。

 

朝鮮半島から日本列島へ、移り住んできた人たちを[渡来人]といいます。

 

飛鳥時代

推古天皇の[摂政]として[聖徳太子]は政治制度を整えました。

.[十七条の憲法]は役人の心構えを示したものです。

.隋に[小野妹子]が[遣隋使]として派遣されました。

.[飛鳥文化]は[法隆寺]に代表される日本最初の仏教文化です。

.645年[中臣鎌足]と[中大兄皇子]は蘇我氏をたおしました。これを[大化の改新]といいます。

.[天智天皇の後継者争いを[壬申の乱]といい、勝利して[天武天皇]が即位しました。

 

奈良時代

.701年、[]の法律をもとに[大宝律令]を定めました。

 

.710年に唐の都[長安]にならって[平城京]が造られました。

.6歳以上の戸籍に登録された人に[口分田]を与えた制度を[班田収授法]といいます。

.743年に土地の永久私有を認めた法律を[墾田永年私財法]といいます。

.[天平]文化は、[聖武天皇のころに栄えた仏教文化です。

.[万葉集]は、奈良時代末に大伴家持がまとめた和歌集です。

 

平安時代

.794年、[桓武天皇が現在の京都に[平安京]を造りました。

.[空海]は、唐で仏教を学び、日本に[真言宗]を伝えました。

.894年に[菅原道真]は[遣唐使]を廃止しました。

.[藤原]氏は娘を天皇のきさきにして[摂関政治]を行った。

.日本独自の文化を[国風文化]といい、紫式部は[源氏物語]、清少納言は[枕草子]を書きました。

.念仏を唱え、極楽浄土への生まれ変わりを願う考え方を[浄土信仰]といいます。

.紀貫之は[古今和歌集]を編集しました。

.有力な武士団は、桓武天皇の子孫の[平氏]と[源氏]に分かれます。

.東北地方の平泉を拠点としていたのは[奥州藤原氏]です。

10.1086年[上皇]が[院政]をして実権を握りました。

11.[平清盛]は[平治の乱]で源義朝を破りました。

12.[源頼朝]は、弟の[源義経]に命じて平氏を滅ぼしました。

 

鎌倉時代

鎌倉幕府の将軍に忠誠を誓った武士を[御家人]といいます。

.将軍が土地の所有を認めるなどの[御恩]に対して、御家人が[奉公]を行いました。

鎌倉幕府で、将軍を補佐する役職は[執権]です。

.[後鳥羽上皇]が幕府を倒そうとして起こした乱を[承久の乱]といいます。

.幕府が朝廷を監視するため京都に[六波羅探題]を設置しました。

.1232年に定められた[御成敗式目]は武士を統制するための法令です。

.同じ田畑で米と麦を交互につくる栽培方法を[二毛作]といいます。

.寺社の門前や交通の便利な場所に[定期市]が開かれました。

.[新古今和歌集]は後鳥羽上皇の命令で編集されました。

10東大寺南大門にある[金剛力士]の作者は[運慶]です。

11.琵琶法師は武士の争いを[平家物語]に記しました。

12.[兼好法師]は民衆の姿を[徒然草]に記しました。

13.[法然]は[浄土宗]、[親鸞]は[浄土真宗]を開きました。

14.[栄西]や[道元]が宋から[禅宗]を伝えました。

15モンゴル帝国の[フビライ・ハン]は都を北京に移しました。

16.[]による二度の日本への襲来を[元寇]といいます。

17御家人の生活を救うための法令を[政令]といいます。

18.[後醍醐天皇]は鎌倉幕府を滅ぼし、[建武の新政]を始めました。

 

室町時代

.[足利尊氏]は、1338年に征夷大将軍に任命され、[室町]幕府を開きました。

.3代将軍[足利義満]は、1392年に[南北朝]を統一しました。

.守護が国司の権力を得ながら大きくなった大名を[守護大名]といいます。

.モンゴル民族を追い出してできた漢民族の王朝を[]といいます。

足利義満が明と、[倭寇]を禁止して始めた貿易を[日明貿易勘合貿易]といいます。

.15世紀初め、尚氏が建てた王国を[琉球王国]といいます。

.[蝦夷](北海道)で、[アイヌ民族]は狩りや漁を行い交易をしていました。

.土倉や酒屋など、同業者ごとの組合を[]といいます。

室町時代、農村に発達した自治組織を[]といいます。

10.1467年将軍[足利義政]のころ[応仁の乱]が始まりました。このころ、身分が下の者が上の者に打ち勝つ[下剋上]の風潮が広がりました。

11.[戦国大名]が独自に領地内の武士を取りしまる法令を[分国法]といいます。

12.[観阿弥世阿弥]親子によって[]が大成されました。

13.寺院の部屋の様子を住居に取り入れた造りを[書院造]といいます。

14.[雪舟]は墨一色で自然などを表現する[水墨画]を大成しました。

 

安土桃山時代

.[ローマ教皇]が[十字軍]を遠征しました。

.1492年[コロンブス]がカリブ海の島に到達しました。

.1543年[種子島]に漂着した[ポルトガル]人によって[鉄砲]が伝わりました。

.1549年、[イエズス会]の宣教師の[ザビエル]が日本に[キリスト教]を伝えます。

.日本がポルトガル、スペインと行った貿易を[南蛮貿易]といいます。

.[織田信長]は安土城下町で[楽市・楽座]を行いました。

明智光秀をたおし、天下統一をとったのは[豊臣秀吉]です。

.収穫量を明確するために全国の土地調査を[太閤検地]といいます。

.武力による一揆を防ぐための政策を[刀狩]といいます。

10.武士と農民の区別が明確になることを[兵農分離]といいます。

11.[狩野永徳]は唐獅子図屏風などに代表される絵を描いた人物です。

12.[千利休]はわび茶の作法を完成させました。

13戦国大名の勢いや、大商人の経済を反映した壮大で豪華な文化を[桃山文化]といいます。

 

江戸時代①

 

.1600年[徳川家康]は[関ヶ原の戦い]で勝利し、天下統一しました。

江戸幕府は大名を統制するために[武家諸法度]を作りました。

.[徳川家光]は、大名を一年おきに領地と江戸を往復させる[参勤交代]の制度を設けました。

.多くの日本人が東南アジアへ移住してできた町を[日本町]といいます。

.1637年[天草四郎]が[島原・天草一揆]を起こしました。

江戸幕府が実施したキリスト教禁止、貿易制限などの政策を[鎖国]といいます。

.都市で、大商人が作った同業者組織を[株仲間]といいます。

.第5代将軍[徳川綱吉]は身分秩序を重視した[朱子学]をすすめました。

.[菱川師宣]は町人の風俗をもとに[浮世絵]をかきました。

 

江戸時代②

.第8代将軍[徳川吉宗]は[享保の改革]を行いました。

.問屋が農民に商品を作らせ、安く買い取る仕組みを[問屋制家内工業]といいます。

.18世紀半ば、老中[田沼意次]は[株仲間]を推奨し、営業税を取りました。

.都市では、米の買い占めをした商人に対して[打ちこわし]が起こりました。

.老中[松平定信]は徳川吉宗の政治改革を理想とし、[寛政の改革]を行いました。

.[本居宣長]は古事記伝を著し、[国学]を大成しました。

.[杉田玄白]は解体新書を出版し、[蘭学]の基礎を作りました。

.江戸で発達した町民文化を[化政文化]といいます。

.[葛飾北斎]は富岳三十六景、[歌川広重]は東海道五十三次などの風景画を残しました。

10.[寺子屋]では、農村で読み・書き・そろばんを教えていました。

11.1837年、元町奉行所の役人の[大塩平八郎]は[大塩の乱]を起こしました。

12.老中[水野忠邦]は倹約令を出し、[天保の改革]をおし進めました。

 

近代革命と産業革命

.1640年イギリスで[ピューリタン革命]が起こりました。

.1776年、アメリカの植民地がイギリスに対して[独立宣言]を出しました。

啓蒙思想家の[ルソー]は、社会契約説を説きました。

.1789年、フランスでは[人権宣言]が[フランス革命]中に出されました。

.技術向上による経済と社会の仕組みの変化を[産業革命]といいます。

1861年アメリカでは奴隷制などが原因となり、[南北戦争]が起こりました。

1840年イギリスと[]で[アヘン戦争]が起こりました。

.1857年、イギリスの植民地だったインドでは[インドの大反乱]が起こりました。

 

江戸時代③

.1853年[ペリー]は浦賀に来航しました。

1854年日米和親条約]を結びました。

.1858年、大老井伊直弼]が[日米修好通商条約]を結びました。[領事裁判権]を認め、[関税自主権]がない不平等条約として反感がありました。

天皇支持、外国排斥の考えが結び付き、幕府に反対する[尊王攘夷運動]が起こりました。

.[井伊直弼]は吉田松陰などの反対勢力を処罰しました。この事件を[安政の大獄]といいます。

.1866年[坂本龍馬]の仲立ちにより、薩摩藩長州藩との間で[薩長同盟]が結ばれました。

.第15代将軍[徳川慶喜]は、政権を朝廷に返す[大政奉還]を申し出ました。

天皇を中心とする政治にもどすという宣言を[大政復古の大号令]といいます。

 

鳥羽・伏見の戦いから始まった旧幕府軍と新政府軍の戦いを[戊辰戦争]といいます。

 

明治時代①

.1868年、新政府は[五箇条の御誓文]を出し、新しい政治方針を示しました。

.藩主に土地と人民を政府に返すことを[版籍奉還]といいます。

.満20歳以上の男子が兵役の義務を負う法令を[徴兵令]といいます。

1873年から行われた税制改革を[地租改正]といいます。

.経済を発展させ、軍隊を強化する政策を[富国強兵]といいます。

.殖産興業政策を進めるために[官営模範工場]を造りました。

.[福沢諭吉]は人間の平等主義を分かりやすく[学問のすゝめ]で説いた。

.江戸時代の藩を廃止して府県を置くことを[廃藩置県]といいます。

.日本からアメリカ、ヨーロッパに向けて[岩倉使節団]が派遣されました。

10.1875年、千島列島全体を日本領とした条約を[樺太・千島交換条約]といいます。

11.1879年、琉球藩を廃止し、[沖縄]県としたことを[琉球処分]といいます。

 

明治時代②

.1874年[板垣退助]は、政府に議会の開設を求める[民撰議院設立の建白書]を提出しました。

.1877年[西郷隆盛]を中心に鹿児島の士族が[西南戦争]を起こしました。

1880年、国会開設を求める人が結成した組織を[国会期成同盟]といいます。

.初代内閣総理大臣は[伊藤博文]です。

.1889年発布された憲法は[大日本帝国憲法]です。

帝国議会は二院制ですが、二院制とは[衆議院]と[貴族院]のことです。

.1890年に忠君愛国が示された[教育勅語]が出されました。

.19世紀後半の列強による世界の動きを[帝国主義]といいます。

  ※列強とは、世界を動かすほどの大きな力を持った国々のことです。

.1894年[陸奥宗光]外相によって[領事裁判権]の撤廃に成功しました。

10.1894年[甲午農民戦争]がきっかけとなり[日清戦争]が起こりました。

11.ドイツ、フランス、[ロシア]が遼東半島の返還を日本に求めたことを[三国干渉]といいます。

   ※遼東(リャオトン)半島は、中国北部にある半島です。

 

明治時代③

.1902年、日本がロシアに対抗するためにイギリスと[日英同盟]を結びました。

.1904年から始まった日本とロシアの戦争を[日露戦争]といいます。

日露戦争講和条約は[ポーツマス条約]です。

 講和条約とは、戦争が終了したことを宣言する条約のことです。

.1910年、日本が[韓国]を併合したことを[韓併]といいます。

 ※併合とは、ある国の支配下に置くということです。この場合、日本が韓国を支 配下に置いたという意味です。

.中国で[孫文]は三民主義を唱えました。

 三民主義とは、国民の自由を求める考え方です。

.アジア初の共和国である[中華民国]は[辛亥革命]によって建国されました。

 ※共和国とは多数決制の国のことです。大統領は国民の多数決で選ばれるので、アメリカやロシアも共和国となります。

日清戦争の賠償金で建てた官営の製鉄所を[八幡製鉄所]といいます。

 ※官営とは、政府がつくったという意味です。

.日本の経済を支配するようになった、三井、三菱、住友、安田などの大企業のことを[財閥]といいます。

.[横山大観]は欧米の画法を日本画に取り入れた画家のひとりです。

10.[樋口一葉]はロマン主義の文学者として活躍した女性の小説家です。

 ロマン主義とは、自分の主張を自由に書くことです。

11.[夏目漱石]は「吾輩は猫」、「坊ちゃん」などの小説を発表しました。

12.[森鴎外]は「舞姫」などの小説を発表しました。

13.[野口英世]は黄熱病の研究に打ち込んだ細菌学者です。

 ※黄熱病はウイルス性の伝染病で、蚊に刺されることで伝染します。伝染すると発熱や嘔吐などを繰り返し、最悪死に至るという恐ろしい病気です。

 

 

第一次世界大戦

 .[バルカン半島]はヨーロッパの火薬庫と呼ばれました。

.1917年レーニンは[ロシア革命]で社会主義政府を成立させました。

 ※社会主義とは、平等で公平な社会を目指す考え方のことです。

.1919年に結ばれた第一次世界大戦講和条約は[ベルサイユ条約]です。

1920年に世界平和と国際協調を目指すために[国際連盟]ができました。

 ※国際協調とは、自分の国のことだけでなく、他国のことも考えていくということです。

1921年アメリカの呼びかけで[ワシントン会議]が開かれました。

.1919年、中国で[五・四運動]が起こりました。

.[ガンディー]はインドで、非暴力・不服従の抵抗運動を指導しました。

 

大正時代

 憲法に基づいて政治を行うことをスローガンとして運動することを[護憲運動]といいます。

.1918年[シベリア出兵]を見こして米を買い占めによる米の値上がりに対し、安売りを求めました。このときに起きた騒動を[米騒動]といいます。

.[原敬]は立憲政友会の党員でできた本格的な政党内閣を造りました。

.1922年全国水平社]は部落差別をなくすための解放運動を行いました。

.[平塚らいてう]は青鞜社を結成して、女性の解放を唱えました。

.1925年選挙法が改正され[普通選挙]が、共産主義に対する取りしまりを行うために[治安維持法]が制定されました。

.[芥川龍之介]は「羅生門」などの作品を発表しました。

 

日本の中国侵略

.1929年、アメリカで起こった世界経済の混乱を[世界恐慌]といいます。

アメリカの[ルーズベルト]大統領は恐慌の政策として[ニューディール政策]を行いました。

.民主主義を否定し、全体主義をかかげる政治運動を[ファシズム]といいます。

 全体主義とは、政府に反対する政党を認めないという独裁的な考え方です。

.ドイツでは[ヒトラー]が[ナチス]を率いました。

.1931年、日本の陸軍が中国の鉄道を爆破したことが起因として[満州事変]が起こりました。翌年[満州国]を建国しました。

.1932年、[犬養毅]首相が暗殺される[五・一五事件]が起こりました。

.1936年、陸軍が青年将校らが東京の中心部を占拠した事件を[二・二六事件]が起こりました。

中華人民共和国中国共産党)の初代最高指導者は[毛沢東]です。

.1937年、日本と中国の間で[日中戦争]が始まりました。

 

第二次世界大戦

.1939年、ソ連とドイツは[独ソ不可侵条約]を結びました。

.1939年、ドイツが[ポーランド]を攻めたことにより[第二次世界大戦]が起こりました。

.1940年、ドイツとイタリア、日本は[日独伊三国同盟]を結びました。

.1941年、日本がソ連と[日ソ中立条約]を結びました。

.日本がアメリカの[真珠湾]を奇襲攻撃することにより[太平洋戦争]が始まりました。

.兵力不足を補うため、文系の大学生などを軍隊に召集されたことを[学徒出陣]といいます。

.空襲が激しくなり、都市の小学生が集団で移動したことを[集団疎開]といいます。

.1945年3月、都市への無差別爆撃を[東京大空襲]といいます。

.1945年7月、連合国が日本に対して[ポツダム宣言]を発表しました。

10.1945年8月、アメリカが広島と長崎に[原子爆弾]を投下しました。

 

日本の民主化と高度経済成長

.GHQの最高司令官は[マッカーサー]です。

.農村による民主化政策を[農地改革]といいます

 

.新憲法の基本原理は[国民主権][基本的人権の尊重][平和主義]です。

.連合国は二度の世界大戦の反省から[国際連合]を創り、平和を維持することを守っています。

.かつての植民地(南半球)と先進国(北半球)との間の経済格差を、[南北問題]といいます。

.1951年[サンフランシスコ平和条約]で日本は独立を回復しました。また、同年にアメリカと[日米安全保障条約]を結びました。

.1956年[日ソ共同宣言]でソ連と国交を回復しました。この条約にて、日本は[国際連合]に加盟することができました。

.1972年に[日中共同声明]で中国との国交を回復し、1978年に[日中平和友好条約]を結びました。

※ 声明とは、国家間のルールですが、口約束ですので守る必要はありません。

 一方、条約も国家間のルールですが、こちらは守らなければなりません。

.1955年から73年までの日本経済の急成長を[高度経済成長]といいます。

10.[第四次中東戦争]により、[石油危機]が起こり日本の高度経済成長は終わりました。 

 

新たな時代の日本と世界

.1989年[米ソ]首脳の[マルタ会談]で[冷戦の終結]が宣言されました。

.1993年[EC]が発展し[ヨーロッパ連合(EU)]ができました。

.民族、宗教、文化のちがいから各地で起こった紛争を[地域紛争]といいます。

.1980年後半から日本で発生した好景気を[バブル経済]といいます。

.2011年に東日本に大きな被害をもたらした震災を[東日本大震災]といいます。

.現在の世代だけでなく未来の世代につなぐ社会を[持続可能な社会]といいます。

 

SDGsSustainable Development Goals(持続可能な開発目標)といい、17の開発目標を2030年までに持続可能でよりよい世界を目指ざそうとする国際目標のことです。

小学生の漢字

6級7級の漢字書き-1

1 アイジョウを受け取る。 愛情

2 アツリョクがかかる。 圧力

 若手のテイアンが認められる。 提案

 予想イジョウの成果がある。 以上

5 ハクイを着た医者。 白衣

 保護者様カクイにお知らせします。 各位

 ※ みなさまという意味です。

 彼のシュウイには沢山の人がいる。 周囲

 イエキで消化される。 胃液

 国外にイジュウする人。 移住

10 書類にジツインを押す。 実印

 ※ 役所に登録している印かんのことです。

11 事件のインガ関係を調べる。 因果

 ※ 物事が起こる理由とその結果のことです。

12 毎朝エイジ新聞を読む。 英字

13 エイヨウをたくさんとる。 栄養

14 エイキュウに消し去る。 永久

15 明治時代のカンエイ工場。 官営

  ※ 政府がつくったという意味です。

16 人工エイセイを打ち上げる。 衛星

17 外国とボウエキをする。 貿易

18 商売でリエキを上げる。 利益

19 エキタイを持ち歩く。 液体

20 エンブン取りすぎに注意。 塩分

 

 

6級7級の漢字書き-2

1 エンギがすばらしい。 演技

2 ていねいなオウタイをする。 応対

 オウフクで1時間かかる。 往復

 宝くじで3オク円あたる。 

5 彼女は命のオンジンです。 恩人

 殺人事件のカガイ者。 加害

 キンカを拾う。 金貨

 多くのカダイがある。 課題

 外出キョカを求める。 許可

10 カセツ住宅に住む。 仮設

11 商品のカカクを決める。 価格

12 ウンガを通る。 運河

13 電車が駅をツウカする。 通過

14 植物がハツガする。 発芽

15 シュクガ会を行う。 祝賀

16 制度がカイセされる。 改正

17 キカイ体操をする。 器械

18 オリンピックでカイキョする。 快挙

19 試合のカイセ者。 解説

20 ガイトウが町を照らす。 街灯

 

 

6級7級の漢字書き-3

1 ジカクした行動をとりましょう。 自覚

 

2 ヒンカクのあるひと。 品格

 勝利をカクシンする。 確信

 お年玉をゼンガク使う。 全額

 この商品はカンバイしました。 完売

 ケッカンがつまる病気にかかる。 血管

 報道キカンではたらく。 機関

 この美しいイカを保存したい。 景観

 けしき、ながめのことです。

 鉄鋼業は日本のキカン産業です。 基幹

 中心という意味です。

10 早起きのシュウカンをつけよう。 習慣

11 ガンショを取り寄せる。 願書

12 メガネをかけている人。 眼鏡

13 キボウを持って生きよう。 希望

14 1セイキは100年です。 世紀

15 日本のコッキは日の丸だ。 国旗

16 実験キグをそろえる。 器具

17 お金をキフする。 寄付

18 細かいキテイが多い。 規定

19 学校のルールをキョウギする。 協議

20 オリンピックのキョウギに参加したい。 競技

 

 

 

6級7級の漢字書き-4

1 ギリチョコをあげる。 義理

2 ギャッキョウに打ち勝つ人間なれ。 逆境

 ※ 悪いことが起こるということです。

 みんなのヨウキュウをきく。 要求

 祖母がキュウキュウ車で運ばれる。 救急

 初めてのキュウリョウをもらう。 給料

 地方のキュウカのしきたり。 旧家

 古いジュウキョに住む。 住居

 遠洋ギョギョウに出る。 漁業

 国と国のキョウカイ線。 境界

10 ナンキョクを探検する。 南極

11 算数のヘイキン点を求める。 平均

12 父にこの言葉はキンクだ。 禁句

 ※ 言ってはいけないということ。

13 漢字のオンクンを調べる。 音訓

14 クウグンに入隊する。 空軍

15 安芸グンに住む。 

16 シカのタイグンに出会う。 大群

17 円のハンケイを求める。 半径

18 英語の五つのブンケイを学ぶ。 文型

19 ヨウイには入ることができない。 容易

 ※ 簡単にはということ。

20 父はしばらくリョウに出ます。 漁 

 

 

 

6級7級の漢字書き-5

1 ケイリの仕事をする。 経理

 

※ お金や資産を管理することです。

2 ゲイジュツ品を手に入れる。 芸術

 父のケッテンを知る。 欠点

 ケッコウがんばった。 結構

 いつもセイケツにしておく。 清潔

 会社をサイケンする。 再建

 ケンコウに注意して生活する。 健康

 母のケイケンをもとにする。 経験

 去年のジケンを思い出す。 事件

10 駅のケンバイ機で切符を買う。 券売

11 ケンアクな雰囲気になる。 険悪

12 ケンサ結果を聞く。 検査

13 サイゲなく食べる兄。 際限

14 ゲンザイの生活に満足する。 現在

15 原料不足でゲンサンする。 減産

16 水はエキタイです。 液体

17 コイに負ける。 故意

 ※ わざとということ。

18 わたしコジンの意見を言う。 個人

19 大統領のゴエイをする。 護衛

20 過去のセイコウを思い出す。 成功 

 

 

6級7級の漢字書き-6

1.彼女にコウイを持つ。 [好意]

2.穏やかなキコウ。 [気候]

3.太平洋コウロの船旅。 [航路]

4.学習のコウカが出てくる。 [効果]

5.コウチ面積が増える。 [耕地]

6.鉄コウセキを輸入する。 [鉱石]

7.小説のコウソウを練る。 [構想]

8.震災からフッコウした町。 [復興]

9.予備校のコウシになる。 [講師]

10.事前にコクジされる。 [告示]

11.公私をコンドウするな。 [混同]

12.二位にタイサをつける。 [大差]

13.ガスもれのチョウサをする。 [調査]

14.家庭サイエンをする。 [菜園]

15.サイショの一歩をふみ出す。 [最初]

16.当時をサイゲンする。 [再現]

17.明日はボウサイの日だ。 [防災]

18.彼にはサイシがいる。 [妻子]

19.昆虫サイシュウにいく。 [採集]

20.新しいシザイを仕入れる。 [資材]

 

6級7級の漢字書き-7

1.加害者がシャザイする。 [謝罪]

2.サクジツお届けしました。 [昨日]

3.二千円サツを出す。 []

4.インサツ所ではたらく。 [印刷]

5.サツジン事件が起こる。 [殺人]

6.鳥のカンサツをする。 [観察]

7.ザッシュ犬を飼う。 [雑種]

8.別紙をサンショウする。 [参照]

9.おじのサンポ道を歩く。 [散歩]

10.タンサン水を飲む。 [炭酸]

11.サンセイより反対が多い。 [賛成]

12.預金ザンダカが少ない。 [残高]

13.解答用紙にシメイを書く。 [氏名]

14.シジツに基づく小説。 [史実]

15.有名なシカイ者。 [司会]

16.ツイシ試験を受ける。 [追試]

17.私の意見がシジされる。 [支持]

18.彼女はイシが強い。 [意志]

19.ぶたのシイクをする。 [飼育]

20.ジドウ文学の作品。 [児童]

 

6級7級の漢字書き-8

1.国のセイジに興味を持つ。 [政治]

2.シュクジを述べる。 [祝辞]

3.チシキをたくわえる。 [知識]

4.彼はシツギョウ中だ。 [失業]

5.英語でシツモンする。 [質問]

6.古いコウシャを建てかえる。 [校舎]

7.珍しいヒンシュの花。 [品種]

8.大会のジュショウ式。 [受賞]

9.家具をシュウリする。 [修理]

10.キジュツ問題を解く。 [記述]

11.ジュンジョを守る。 [順序]

12.高いスイジュンがある。 [水準]

13.ショウチクバイの飾り。 [松竹梅]

14.ガッショウ祭をする。 [合唱]

15.インショウがよい人。 [印象]

16.キョウミがある本。 [興味]

17.地方ジチの問題。 [自治]

18.ショウタイ状を受けとる。 [招待]

19.ショウチしました。 [承知]

20.ショウメイ問題を解く。 [証明]

 

6級7級の漢字書き-9

1.健康ジョウタイがよい。 [状態]

2.ニチジョウ生活にもどる。 [日常]

3.世界のジョウセイを知る。 [情勢]

4.ソシキを広げる。 [組織]

5.定年タイショクする。 [退職]

6.ダイジンを決める。 [大臣]

7.セイセキ表をもらう。 [成績]

8.まちがいをハンセイする。 [反省]

9.アンセイにしましょう。 [安静]

10.メンバーのトウセイをとる。 [統制]

11.テキセイに合わせる。 [適性]

12.セイシンをきたえる。 [精神]

13.自動車をセイゾウする。 [製造]

14.ゾウゼイに反対する。 [増税]

15.ケッセキ者が多い。 [欠席]

16.タイセキを求める。 [体積]

17.セキニンを感じる。 [責任]

18.もうけをセッパンする。 [折半]

19.キセツがかわる。 [季節]

 

20.セツメイ書を読む。 [説明]

 

6級7級の漢字書き-10

1.電車のセツゾクが悪い。 [接続]

2.電話機をセッチする。 [設置]

3.試合がネッセンする。 [熱戦]

4.町のセントウに入る。 [銭湯]

5.センゾの墓。 [先祖]

6.ドクソが回って死ぬ。 [毒素]

7.ソウコのかぎを開ける。 [倉庫]

8.ソウゴウ点を出す。 [総合]

9.ドウゾウが立つ公園。 [銅像]

10.ヤクソクを守る。 [約束]

11.将軍のソッキンが発言する。[側近]

12.学校のキソクを守る。 [規則]

13.道路のソクリョウをする。 [測量]

14.野球部にショゾクする。 [所属]

15.ソツギョウ式を行う。 [卒業]

16.男女のヒリツ。 [比率]

17.シソンを残す。 [子孫]

18.ソントクを考えない。 [損得]

19.工業チタイ。 [地帯]

 

20.タイレツを組む。 [隊列]

 

6級7級の漢字書き-11

1.タイドが悪い。 [態度]

2.情報をデンタツする。 [伝達]

3.タンドクで行動する。 [単独]

4.ダンケツする。 [団結]

5.家をケンチクする。 [建築]

6.チョキンをする。 [貯金]

7.病気のゼンチョウ。 [前兆]

8.イチョウが悪い。 [胃腸]

9.父がシュッチョウする。 [出張]

10.サイテイのレベル。 [最低]

11.コンテイにある問題。 [根底]

12.思考をテイシする。 [停止]

13.学生証をテイジする。 [提示]

14.オンテイが外れる。 [音程]

15.予想がテキチュウする。 [的中]

16.テキイがある行動。 [敵意]

17.国語ジテンで調べる。 [辞典]

18.トホで五分かかる。 [徒歩]

19.ドリョクをする。 [努力]

 

20.海からトウダイが見える。 [灯台]

 

6級7級の漢字書き-12

1.ドウドウと試合に挑む。 [堂々]

2.演技をシドウする。 [指導]

3.アクトク業者にだまされる。 [悪徳]

4.武家のカシンになる。 [家臣]

5.テンネン記念物。 [天然]

6.ネンガンの海外旅行。 [念願]

7.ネンリョウがいる。 [燃料]

8.彼はムノウだ。 [無能]

9.辞典をドクハする。 [読破]

10.初戦でハイタイする。 [敗退]

11.今年のバイウは長い。 [梅雨]

12.ハクブツ館ではたらく。 [博物]

13.ユウハンを食べる。 [夕飯]

14.ボウハン対策をする。 [防犯]

15.一人でハンダンする。 [判断]

16.ハンガの作品。 [版画]

17.ケイヒを節約する。 [経費]

18.ヒルイするものがない。 [比類]

19.ヒマンを解消する。 [肥満]

20.ヒジョウ事態。 [非常]

 

 

6級7級の漢字書き-13

① 下水道がカンビしている。 [完備]

② ヒツゼン的な結果になる。 [必然]

③ カイヒョウ結果を発表する。[開票]

④ ボヒョウに花をそなえる。 [墓標]

⑤ 同じドヒョウに立つ。   [土俵]

⑥ ヒョウバンがいい店。   [評判]

高校受験対策~絶対に覚えておきたい英文法~

英語の文法は,基本となる英文を 日本語と英語を照らし合わせながら覚えていくことになります。しかし,単純に丸暗記しているだけでは,文法を体系的に学ぶことはできません。外国人は文法なんて意識しながら話していないのだから,基本文を丸暗記すればいいと指導される方もいらっしゃいますが,ダメです。日本人でも文法を体系的に学ばなければ,文法の問題を解くことはできません。それと同じで,英語も文法の構造を理解していかなければならないのです。文法は英語の文を並べかえる,言わばパズルのようなものだと考えてください。文法はパズルですので,それを組み立てるピース(単語や熟語)は事前にそろえておくことが必要となります。絶対に覚えておかなければならない文法を収録していますが,文法説明のため少し細かく区切ってのせているところもあります。必ずそのあとの解説を読み、パズルを組み立てる要領で覚えて下さい。

 

●be動詞

① 私はレナです。

  I am Rena.

  (アイ アム レナ)

 

[存在]を表すときは[be動詞]を利用します。主語(I)にはbe動詞(am)を使います。

また,人名などの固有名詞([国名,地名,地域名]など)は[大文字]から始めます。

文の最初は[大文字]で始め,最後は[ピリオド(.)]で終わります。

 

② 私は学生ではありません。 

  I am not a student.

  (アイ アム ノット ア スチューデント)

 

~ではありませんの文を[否定文]といいます。be動詞の文を否定文にするときは[be動詞+not]とします。

また,I am=[I'm](アイム)と短縮形で表すことができるので,I'm not a student.としてもよいです。

さらに,名詞が一つのときには[aan]を使います。名詞の発音が母音(a,i,u,e,o)から始まるときは[an],子音で始まるときは[a]をつけます。

 

③ あなたは先生です。 

  You are a teacher.

  (ユー アー ア ティーチャー)

主語Youにはbe動詞[are]を使います。areはYou以外に,主語が[複数]のときにも使うことができます。

 

④ あなたは先生ですか。-はい,そうです。いいえ,ちがいます。

  Are you a teacher?  Yes, I am. /No, I'm not.

  (アー ユー ア ティーチャー? イエス アイ アム.ノー アイム ノット)

 

~ですかの文を[疑問文]といいます。[be動詞を主語の前]に出すことで疑問文にすることができます。

あなたは…と質問しているので,私は…とこたえるのが自然です。また,be動詞で質問されたら,[be動詞]でこたえます。

さいごに,疑問文は[クエスチョン(?)]で終わります。

 

⑤ これは日本です。

  This is Japan.

  (ディス イズ ジャパン)

これ=[This]です。主語が[単数]のときはbe動詞[is]を使います。thisは単数なので,This is~.となります。固有名詞の前には[a, an, the]は使いません。

 

⑥ あれは机です。

  That is a desk.

  (ザット イズ ア デスク)

あれ=[That]です。あれということは,机は一つだということになります。ですので,必ず[a]をdeskの前につけます。

 

⑦ これは〔あれは〕イヌではありません。

  This 〔That〕 is not a dog.

  (ディス〔ザット〕イズ ノット ア ドッグ)

be動詞の否定文です.is not=[isn't](イズント)とすることができます。

This isの短縮形がありませんが,That is = [That's](ザッツ)とすることができます.

 ・This isn't a dog.

   ・That's not a dog.

 ・That isn't a dog. のどれでも正解になります。

 

⑧ これは〔あれが〕本ですか。-はい,そうです。いいえ,ちがいます。

  Is this 〔that〕 a book? Yes, it is. /No, it isn't.

  (イズ ディス〔ザット〕ア ブック? イエス イット イズ.ノー イット イズント)    

be動詞の疑問文をつくります。be動詞を主語の前に出します.最後は「?」をつけます。

これは〔あれは〕…と質問されているので,それは[it](イット)でこたえるのが自然です。

 

⑨ これは〔あれは〕何ですか。-(それは)私のカバンです。

  What is this 〔that〕? It is my bag.

  (ワット イズ ディス〔ザット〕?イット イズ マイ バッグ)

何=[What](ワット)です。疑問文で使われるWhatは(疑問詞)といって文の最初におき,[疑問詞+疑問文]が基本になります。

また,私の=[my]などのように,●●の…を[所有格]とよび,[名詞の前]に置きます。この場合,bagという名詞の前においています。

 

⑩ 彼は医者です。

  He is a doctor.

  (ヒー イズ ア ドクター)

彼は=[He](ヒー)です。heは単数なので,be動詞[is]を使います。

 

⑪ 彼は学生ではありません。

  He isn't a student.

  (ヒー イズント ア スチューデント)

be動詞の文なので,否定文にするには[be動詞+not](is not =[isn't])とします。

 

⑫ 彼はスミス氏ですか。-はい,そうです。いいえ,ちがいます。

  Is he Mr. Smith? Yes, he is. / No, he isn't. 

  (イズ ヒ― ミスター スミス?イエス ヒ― イズ / ノー ヒ― イズント)

be動詞の文なので,疑問文にするには[be動詞を主語の前]におきます。

 

⑬ あの女の人はだれですか。-彼女はブラウンさんです。

  Who is that woman?  She is Ms. Brown.

  (フー イズ ザット ウーマン? シー イズ ミス ブラウン)

だれ=[Who]です。疑問文で使われているwhoはwhatと同様[疑問詞]です。ですので,[疑問詞+疑問文]の語順になります。彼女=[She]です。

 

⑭ 私たちは日本出身です。

  We are from Japan.]

  (ウィー アー フロム ジャパン)

出身を表すときは,前置詞[from]を使います。もともとはA=[from A]のようにします。

また,私たち=[We]です。weは複数なので,be動詞([are])を使います。

 

⑮ あなたは医者ですか,それとも先生ですか。-私は医者です。

  Are you a doctor or a teacher? I am a doctor. 

  (アー ユー ア ドクター オア ア ティーチャー? アイ アム ア ドクター)

AまたはB=[A or B]です。この場合,A=a doctor,B=a teacherになります。

 

⑯ あれはわたしのカメラです。

  That is my camera. 

  (ザット イズ マイ カメラ)

私のA=[my A]です。この他にも,あなたのA=[your A],彼のA=[his A],彼女のA=[her A]などがあります。このようなmy, your, his, herなどを[所有格]といいます。

 

⑰ 2本のペンが机の上にあります。

  Two pens are on the desk. 

  (ツー ペンズ アー オン ザ デスク)

名詞が複数になると[名詞+s]と表します。

主語が複数なので,be動詞は[are]を使います。

また,接触は前置詞[on]を使って表すので,この場合は[上にある]ということを表しています。

さらに,the=[共通認識]なので,その場の人が共通して認識できるものとして利用しています。

 

⑱ これは(1匹の)ねこです。そのねこは私のペットです。

  This is a cat. The cat is my pet. 

  (ディス イズ ア キャット.ザ キャット イズ マイ ペット)

the=[共通認識]ですので,The cat=[話題の中のcat]と考えます。日本語に訳すときは[そのねこ]としましょう。

また,myは[所有格]なので,私のA=[my A]と表します。

 

⑲ これらはたくさんの花です。

   These are a lot of flowers. 

  (ジーズ アー ア ロット オブ フラワーズ)

a lot of=[たくさんの]です。

花がたくさんあるので,主語はこれら=[These](ジーズ)とします。

ですので,be動詞は複数を表す[are]を使います。

また,theseは[thisの複数形]です。

 

⑳ あれらは私のイヌです。

  Those are my dogs. 

  (ゾーズ アー マイ ドッグス)

あれら=[Those]です。

thoseは[thatの複数形]ですので,イヌが複数いることになります。

なので,dogは複数を表す[dogs]とします。

 

㉑ 今日は暖かいです。

  It is warm today.

  (イット イズ ウォーム トゥデイ)       

気候を表すときは主語[It]を使います

 

 

●一般動詞

① 私は日曜日にテニスをします。

  I play tennis on Sunday. 

  (アイ プレイ テニス オン サンデー)

動作や状態を表す動詞を[一般動詞]といいます。

be動詞の[存在]との違いを理解してください。

スポーツをしたりや楽器をひくときは一般動詞[play]を使い,Aをする(弾く) =[play A]のようにします。今回の場合,A=playとなり[テニスをする]と訳しています。

また,曜日を表すときは[on]を使います。これは[接触]を表す[前置詞]ですが,曜日はカレンダー上に[接触]してると考えているためです。

 

② 私は私のラケットを持っていません。

  I don't have my racket. 

  (アイ ドント ハブ マイ ラケット)

所有するという状態は一般動詞[have]を使い,Aを所有している=[have A]とします。

今回の場合,A=racketとなり,[ラッケトを持っている]となります。

また,一般動詞の否定文は[don'tを一般動詞の前]におきます。

 

③ あなたは音楽が好きですか。-はい,好きです。いいえ,好きではありません。

  Do you like music? / Yes, I do. No, I don't. 

  (ドゥー ユー ライク ミュージック? イエス アイ ドゥー.ノー アイ ドント)

好むという状態は一般動詞[like]を使い,Aを好む=[like A]のようにします。

今回の場合,A=musicとなり[音楽が好き]となります。

一般動詞の疑問文は[Doを主語の前]において作ります。

 

④ あなたは何が好きですか。

  What do you like? 

  (ワット ドゥー ユー ライク)

何は,疑問詞[what]を使います。

疑問詞を使った疑問文は[疑問詞+疑問文]とします。

この文の場合,疑問文=do you like? になります。

 

⑤ 私は彼を知っています。

  I know him. 

  (アイ ノー ヒム)

知っているという状態は一般動詞[know]を使い,Aを知っている=[know A]とします。

一般動詞や前置詞の後ろには,me, you, him, herなどの[目的格]と呼ばれるものを使います。

今回の場合,A=himとなり[彼を知っている]となります。

 

⑥ 私はあなたとテニスをします。

   I play tennis with you. 

  (アイ プレイ テニス ウィズ ユー)

一緒にという意味を表すときは前置詞[with]を使い,Aと一緒に=[with A]とします。

今回の場合,A=youとなり[あなたと一緒に]となります。

withは[前置詞]ですので,この場合のAはme, you, him, herなどの[目的格]を使います。

 

 

●形容詞と副詞

① これは大きいイヌです。

  This is a big dog. 

  (ディス イズ ア ビッグ ドッグ)

[a, an, the+形容詞+名詞]の語順を守ってください。

形容詞とは名詞を説明する言葉です。

今回の場合,形容詞=[big],名詞=[dog]と考えています。

 

② このイヌは大きい。

   This dog is big. 

  (ディス ドッグ イズ ビッグ)

this, that と一緒にa, an, theは使えません。a thisやthe thatなどはできないということです。

このイヌ(This dog)は単数ですが,aは使いません。

bigは単独の形容詞なので,a, an, theは使いませんが,a big dogなどようにbig単独でなければ,a, an, theは使わなければなりません。

これは,big dogで1つの名詞(名詞句といいます)の役割をしているためです。

少しややこしいですが,非常に重要ですので覚えておいてください。

 

③ 私は何冊かの本を持っています。

  I have some books. 

  (アイ ハブ サム ブックス)

いくつかの=[some]を使います。[複数]を表すので,bookではなく[books]とします。

 

④ あなたには(何人かの)兄弟がいますか。

  Do you have any brothers? 

  (ドゥー ユー ハブ エニー ブラザーズ)

いくつかの=[any]を使います。[複数]を表すので,brotherではなく[brothers]とします。

someは[普通の文],anyは[疑問文と否定文]で使うと考えてください。

 

⑤ あなたはとてもじょうずにテニスをします。

  You play tennis very well.

  (ユー プレイ テニス ベリー ウェル)         

上手に=[well]で,very well=とても上手にとなります。

[主語+動詞+何を+どのように+どこで+いつ]の語順になることが多いと考えてください。

この場合,何を=[tennis],どのように=[very well]となります。

 

 

●命令文

① 毎日英語の勉強をしなさい。

  Study English every day. 

  (スタディ イングリッシュ エブリ デイ)

勉強するという動作は一般動詞[study]を使い,Aを勉強する=[study A]とします。

また,動詞から始まる文を[命令文]といい,[~しなさい]という意味になります。

 

英語は相手に伝えたいことを順に並べていく言語だと思ってください。

動詞から始るということは,相手に強く伝えたい言い方だということです。

 

② どうぞ窓を開けてください。

   Please open the window. 

  (プリーズ オープン ザ ウインドー)

丁寧に相手に伝えたいとき,命令文に[please]をつけますが,2通りのつけ方があります。

その1 [文の先頭につける] Please open the window.のようになります。

その2 [文の最後につける] Open the window, please.のようになります。

 文の最後につける場合はふつうカンマ(,)をつけます。

また,開けるという動作は一般動詞[open]を使い,Aを開ける=[open A]とします。

 

③ すわってはいけません。

  Don't sit down. 

  (ドント シット ダウン)

禁止行為を相手に伝えたいとき,命令文に[ Don't ]を文の先頭につけます。

また,座るという動作は一般動詞[ sit ]を使います。

ふつう座るとは,下に座ることから[ sit down ]で座ることを表します。

 

④ 放課後,野球をしましょう。

  Let's play baseball after school. 

  (レッツ プレイ ベースボール アフター スクール)

相手を誘いたいとき,命令文に[ Let's ]を文の先頭につけます。

放課後は学校が終わった後の時間のことを指すことから,後という意味を持つ前置詞[ after ]を使って[ after school ]とします。

 

 

●一般動詞三単現

① エミはテニスをします。

  Emi plays tennis. 

  (エミ プレイズ テニス)

主語が[ he, she, it ]のときは[ 一般動詞にs ]をつけます。

今回の場合,Emi=[ she ]と考えています。

このときのhe, she, itを[ 3人称単数 ]といいます。

 

② 彼はギターを持っています。

  He has a guitar. 

  (ヒー ハズ ア ギター)

主語がheなので,一般動詞にs をつけなければなりませんが,haveは[ has ]とします。

 

③ 彼女は数学が好きではありません。

  She doesn't like math. 

  (シー ダズント ライク マス)

一般動詞の文を否定にします。主語が[3人称単数]であることに注目してください。

もともとは,She likes math. ですが,否定文にすると,She doesn't like math.です。

don't ではなく[doesn't]を使い,likesは[もとの形に戻っている]ことに注意してください。

 

④ 彼は音楽が好きですか。-はい,好きです。いいえ,好きではありません。

  Does he like music? / Yes, he does.  No, he doesn't. 

  (ダズ ヒー ライク ミュージック?イエス ヒー ダズ.ノー ヒー ダズント)

一般動詞の文を疑問にします。主語が[3人称単数]であることに注目してください。

もともとは,He likes music.ですが,疑問文にすると,Does he like music?です。

Doではなく[Does]を使い,likesは[もとの形に戻っている]ことに注意してください。

Doesで質問されているので,[ does ]でこたえます。

 

⑤ 誰がこの部屋で英語を勉強しますか。

  Who studies English in this room? 

  (フ― スタディズ イングリッシュ イン ディス ルーム)

疑問詞whoが主語になるとき,[ 疑問詞+普通の文 ]の語順になります。

しかし,Who do you like ? (あなたは誰が好きですか。)のように主語がyouの場合,[疑問詞+疑問文]とするのです。

この文の場合,主語がwhoなので,[疑問文+普通の文]の語順にします。

 

⑥ マイクは毎日そこに行きます。

  Mike goes there every day.

  (マイク ゴーズ ゼヤー エブリーデー)                

[主語+動詞+何を+どのように+どこで+いつ]の語順に注目します。

どこで=[there],いつ=[every day]を表しています。

 

⑦ 私はいつも忙しいです。

  I am always busy.

  (アイ アム オールウェイズ ビジー)                

いつも=[always]は「頻度を表す副詞」といいます。

頻度を表す副詞は,be動詞の[後],一般動詞の[前]に置きます。

 

⑧ 池田先生はふだん英語を教えています。

  Mr. Ikeda usually teaches English.

  (ミスター イケダ ユージュアリ― ティーチイズ)                

教える=[teach]は動作を表す一般動詞です。

たいてい=[usually]は頻度を表す副詞なので,一般動詞の前に置きます。

 

 

●疑問詞疑問文

① これはだれの車ですか。-私の父の車です。

  Whose car is this? / It's my father's car. 

  (フーズ カー イズ ディス? イッツ マイ ファーザーズ カー)

だれのものかを聞きたいとき,疑問詞[ Whose ]を使い,次の2パターンで表現できます。

パターン1 [Whose+(名詞)+(疑問文)]の語順で使う

 今回の問題はこのパターン1で英文を作っています。

パターン2 [Whose+( 疑問文 )]の語順で使う

 このパターンの場合,[Whose is this car?] となります。

どちらのパターンも意味は同じになります。

また,Aのもの=[mine](私のもの), [yours](あなたのもの), [his](彼のもの), [hers](彼女のもの),one'sなどを[ 所有代名詞 ]といいます。

one'sは,私の父のもの=one's=[ my father's ]と考えています。

 

② どちらがあなたの机ですか。-こちらが私の机です。 

  Which desk is yours? / This is mine.

 [フィッチ デスク イズ ユアーズ? ディス イズ マイン]

 

「Which=[どちら]」は疑問詞で,「Which+(名詞)+疑問文」となります.

  Which+名詞+疑問文:Which desk is yours?

  Which+疑問文:Which is your desk?(どちらがあなたの机ですか.)

  どちらも同じ意味になります。

 

③ あなたはどこでテニスをしますか。-公園でします。

  Where do you play tennis? / I play tennis in the park.

  (ウェアー ドゥー ユー プレイ テニス? アイ プレイ テニス イン ザ パーク)       

「Where=[どこ]」は疑問詞で,「疑問詞+疑問文」となります。

「in=[何かの中]」は前置詞です。「in the park=[公園で]」と訳します。

 

④ あなたはどのようにして帰宅しますか。-車で帰宅します。

  How do you go home? / I go home by car.

  (ハウ ドゥー ユー ゴー ホーム? アイ ゴー ホーム バイ カー)

「How=[どのように]」は疑問詞で,[疑問詞+疑問文]となります。

「go=[行く]」は動作を表す一般動詞です。

「by=[非常に近い]」は前置詞です。この場合,[車による手段]を表します。

「home=[家に]」という意味です。

 

⑤ あなたには兄弟が何人いますか。-2人います。

  How many brothers do you have? / I have two (brothers).]

  (ハウ メニー ブラザーズ ドゥー ユー ハブ? アイ ハブ ツー ブラザーズ)        

数をたずねるには,[How many 複数名詞+疑問文]を利用します。

 

⑥ ごきげんいかがですか。-元気です。

  How are you? / I'm fine.

  (ハウ アー ユー? アイム ファイン)

be動詞は「存在」を表すことから,「あなたはどのように(存在)していますか?」=

「ごきげんいかがですか?」となります。

 

⑦ (今)何時ですか。-10時です。

  What time is it (now)? / It's ten (o'clock).

  (ファット タイム イズ イット ナウ? イッツ テン オクロック)      

時間をたずねるときは,[What time 疑問文]を使います。

時間を表すときの主語は[It]を使います。

 

⑧ 今日は何曜日ですか。-金曜日です。

  What day is (it) today? / It's Friday.

  (ファット デイ イズ イット トゥデイ? イッツ フライデー)

曜日をたずねるときは,[What day 疑問文]を使います。

曜日を表すときは主語[It]を使います。

 

⑨ 今日は何月何日ですか。-4月10日です。

  What is the date today? / It's April 10.

  (ファット イズ ザ デイト トゥデイ? イッツ エイプリル テンス)      

日付をたずねるときは,[What is the date]を使います。

日付を表すときは主語[It]を使います。

 

⑩ あなたの誕生日はいつですか。-9月15日です。

  When is your birthday? / It's September 15.

  (フェン イズ ユアー バーズデー? イッツ セプテンバー フィフティーンス)

when=[いつ]は疑問詞なので,[疑問詞+疑問文]とします。

 

⑪ あなたはいつテニスをしますか。-私はテニスを放課後にします。

  When do you play tennis? / I play tennis after school.

  (フェン ドゥー ユー プレイ テニス? アイ プレイ テニス アフタースクール)       

 when=[いつ]は疑問詞なので,[疑問詞+疑問文]とします。

 

⑫ あなたはなぜカメラがほしいのですか。

  ―なぜなら、私はカメラが好きだからです。

  Why do you want  a camera? Because I like cameras.

 

 Why=『なぜ』は疑問詞なので、『疑問詞+疑問文』とします。

 WhyとBecause『なぜなら』はセットになることがあります。

 

 

 

●助動詞

① 私は速く走ることができます。

  I can run fast.

 

✅ 助動詞を使う文は、助動詞を主導にして         

can A= [Aできる]は助動詞といいます。

助動詞があるときは[助動詞を優先]して文を作ります。Aは[動詞の原形]を表します。

 

② ジェーンはピアノをひくことができます。

  Jane is able to play the piano.

 

✅ 助動詞canはbe動詞を使って書きかえることができる

 『can=be able to V原』とすることができます。

 

③ 彼は車を運転することができません。

  He is not able to drive a car.

 

✅ be動詞を使った文はbe動詞主導で文を作る!

 『can=be able to V原』を利用しています。

 

④ ユリはピアノをひくことができません。

  Yuri cannot play the piano.

(ユリ キャノット プレイ ザ ピアノ)               

助動詞canがあるので,[canを優先]に文を作ります。

否定文はcan not=[cannot]=[can't]とします。

 

③ あなたはフランス語を話すことができますか。-はい,できます。いいえ,できません。

  Can you speak French? / Yes, I can.  No, I can't.

  (キャン ユー スピーク フレンチ? イエス,アイ キャン.ノー アイ キャント)               

助動詞canがあるので,[canを優先]に文を作ります。

疑問文は[canを主語の前]に出します。

助動詞canで質問されたら,[助動詞can]でこたえます。

speak=[話す]は動作を表す一般動詞です。

 

④ だれがケーキを作ることができますか。

  Who can make a cake?

  (フー キャン メイク ア ケイク)                       

疑問詞whoが主語になるとき,[ 疑問詞+普通の文 ]の語順になります。

make=[作る]は動作を表す一般動詞です。

 

⑤ 窓を開けてもいいですか。-いいですよ。ごめんなさい,いけません。

  Can I open the window? / Sure.  Sorry, you can't.

  (キャン アイ オープン ザ ウインドー? シュアー.ソーリー ユー キャント)                       

許可を求めるときは[Can I~]を使います。

私は窓を開けることができますか?=[窓を開けてもいいですか?]と考えます。

 

⑥ 今,あなたを訪れてもいいですか。

  わかりました。ごめんなさい,今,忙しいのです。

  Can we visit you now? / OK.  I'm sorry. I'm busy now.

  (キャン ウィー ビジット ユー ナウ? オーケー アイム ソーリー. アイム ビジー ナウ)         

[許可]を求める表現です。

「私たちはあなたを訪れることができますか?」=[あなたを訪れてもいいですか?]と考えます。

visit=[訪れる]は動作を表す一般動詞です。

 

⑦ 私を手伝ってくれますか。-わかりました。ごめんなさい,できません。

  Can you help me? / All right.  I'm sorry, I can't.

(キャン ユー ヘルプ ミー? オール ライト.アイム ソーリ.アイ キャント)         

[依頼]をするときの表現です。

「あなたは私を助けることができますか?」=[助けてくれますか?]と考えます。

help=[助ける]は動作を表す一般動詞です。

 

 

⑧ 彼は昨夜、よく眠れませんでした。

  He could not sleep well last night.

 

助動詞があるので、助動詞canを主導に文を作ります。

last night『昨晩』と過去を表す言葉があるので、canの過去形couldを使います。

助動詞の後は動詞の原形を使います。

 

 

●現在進行形

① 私は今,手紙を書いています。

  I am writing a letter now.

  (アイ アム ライティング ア レター ナウ)                

進行形は[be動詞+一般動詞ing]です。

書く=[write]は動作を表す一般動詞ですが,この文の動詞は[am](be動詞)です。

write+ing ⇨ [writing]=書くこと(名詞)となります。

このように,一般動詞ingは動詞としての役割がなくなります。

進行形は[be動詞の文]だということを理解してください。

 

② 池田先生は今,英語を教えています。

  Mr. Ikeda is teaching English now.

  (ミスター イケダ イズ ティーチング イングリッシュ ナウ)                      

進行形=[be動詞+一般動詞ing]です。

Mr.Ikeda=[He]と考えて,be動詞[is]を使います。

 

③ ナンシーは私の姉を知っています。

  Nancy knows my sister.

  (ナンシー ノウズ マイ シスター)                

知っている=[know]のように,[状態]を表す一般動詞は基本的には進行形にしません。

 

④ 彼は本を読んでいません。

  He isn't reading a book.

  (ヒ― イズント リーディング ア ブック)                

進行形はbe動詞の文なので,否定文にするには[be動詞]を否定(is not=isn't)にします。

 

⑤ あなたは今,英語を話していますか。

  -はい,話しています。いいえ,話していません。

  Are you speaking English now? / Yes, I am.  No, I'm not.

  (アー ユー スピーキング イングリッシュ ナウ?イエス、アイ アム.ノー アイム ノット.)      

 進行形はbe動詞の文なので,疑問文にするにはbe動詞を[主語の前]に出します。

 

⑥ あなたは今,何をしていますか。-私はラジオを聞いています。

  What are you doing now? / I'm listening to the radio.

  (ワット アー ユー ドゥーイング ナウ?アイム リスニング トゥー ザ レイディオ.)  

「疑問詞+疑問文」です。do=[する]は動作を表す一般動詞です。

一般動詞の文の先頭に置いたり否定文で使うdoは助動詞です。

区別をしておきましょう。

 

●動詞の過去形

① あなたは2年前ここに住んでいました。

  She lived here two years ago.

  (シー リブス ヒヤ― トゥー イヤーズ アゴ―.)

過去の文です。

過去の文を作るには、動詞を[過去形]にする必要があります。

動詞の過去形は、基本的には動詞に[ed]をつけると完成します。しかし、次のような場合は例外です。

 

(1) 子音+yで終わっている場合 

  studyやtryなどがあります。この場合,yをiにかえてedをつけるので、

  study→[studied]、try→[tried]となります。

(2) 短母音+子音で終わっている場合

  stopなどがあります。この場合、最後の子音を重ねてedをつけます。

  stop→[stopped]  となります。             

 

② 彼女は2年前はここに住んでいませんでした。

  She didn't live here two years ago.

  (シー ディドゥント リブ ヒヤ― トゥー イヤーズ アゴ―)

live=[住んでいる]は状態を表す一般動詞です。does not → did not=[didn't]とします。

do, does → [did]となります。このように,一般動詞edとならない動詞を[不規則動詞]といいます。

また,疑問文・否定文では一般動詞は[もとの形(原形)]になります。

 

③ あなたはきのう,料理しましたか。

  -はい,しました。いいえ,しませんでした。

  Did you cook yesterday? / Yes, I did.  No, I didn't.

(ディッジュー クック イエスタデー? イエス,アイ ディッド.ノー アイ ディドゥント.)

 

一般動詞を使った文を否定文にするには,DoやDoesを先頭に持ってきました。

過去の文では、このDoやDoesを[Did]にして作ります。

一般動詞を使った現在の文と同様に、動詞はもとの形に戻します。

 

④ ジョンは先週,私に手紙を書きました。

  John wrote a letter to me last week.

  (ジョン ロート ア レター トゥー ミー ラスト ウィーク)    

一般動詞writeは不規則動詞です。write → [wrote]と変化します。 

 

不規則動詞は沢山ありますので,少しずつ覚えましょう。

 

 

⑤ 私はそのとき,とても疲れていました。

         I was very tired at that time.

  「am, is ⇨ was」にします.「at that time=そのとき」です.

 

⑥ トムは今朝,ここにいませんでした。

         Tom wasn't here this morning.

  「is not ⇨ was  not = wasn't」にします.「this morning=この朝=今日の朝」と考えてください.

 

⑦ あなたはきのう,遅刻しましたか。

  ―はい,しました。いいえ,しませんでした。

        Were you late yesterday? / Yes, I was.  No, I wasn't.

  「are ⇨ were」にします.「late=遅い=遅刻」と考えてください.

 

⑧ 彼女はそのときケーキを作っていました。

         She was making a cake then.

  「be動詞+一般動詞ing=進行形」です.be動詞(was)が過去形なので,「過去進行形」になります.「then=そのとき」です.

 

⑨ 私たちは歌を歌っていませんでした。

         We weren't singing a song.

  「sing=歌う」は動作を表す一般動詞です.過去進行形の否定文です.「were not = weren't」,「song=歌」です.

 

 

●未来形

① 彼は来月,沖縄を訪れるでしょう。

         He will visit Okinawa next month.

  「will⇨未来」を表す助動詞です.助動詞の文は助動詞が中心の文になります.「助動詞+動詞の原形」です.「next month=次の月=来月」と考えます.

 

② ジェーンはアメリカに帰るつもりですか。

  ―はい,そうです。いいえ,ちがいます。

         Will Jane go back to America? / Yes, she will.  No, she won't.

  助動詞の文は助動詞が中心に文になります.willを主語の前に置きます.「will not = won't」です.

 

③ 私たちは明日,パーティーを開く予定です。

          We are going to have a party tomorrow.

  「be動詞+going to 動詞の原形=未来」になります.be動詞を使って未来を表すことができます.

 

④ 私は今夜あなたに電話しないつもりです。

         I'm not going to call you tonight.

  be動詞を使った未来の文です.be動詞の文の否定文を作ってください.「call=呼ぶ=電話をする」は動作を表す一般動詞です.

 

⑤ あなたは今夜わたしに電話をするつもりですか。

  ―はい,そうです。いいえ,しません。

  Are you going to call me tonight?  Yes, I am. / No, I'm not.

  be動詞を 使った未来の文です.be動詞の文の疑問文を作ってください.

 

●There is (are)の文

① 机の上に本があります。

  There  is a book on the desk.

 

 There is(are)~.は「不特定なものがある」ときに用いる文ですので、theやmyなどを使った「特定できるもの」があるときには使えません。

✖ There is my book.

○ There is a book.

 

② いすの上にネコはいませんでした。

  There were not [weren't] any cats on the chair.

 

 複数ある場合は、areを用います。この場合、過去形になっているのでwereになっています。not anyで全くないという意味になりますが、その後が複数形になっていることに注意しましょう。英語では、『全くない』は複数なのです。

 

 

③ 箱の中にりんごがありますか。

  ―はい,あります。いいえ,ありません。

  Are there any apples in the box?  Yes, there are.  / No, there aren't.

 

 be動詞を使った文なので、be動詞主導で疑問文にします。

答えるときは、there is(are).とします。

 

④ 箱の中に写真が何枚ありますか。

  How many pictures are there in the box? There are five pictures.

 

 数をたずねるときは、『How many +複数名詞+疑問文』を利用します。

 

 

 

 

例文92 私は皿を洗わなければなりません。

 

例文93 図書館で寝てはいけません。

 

例文94 わたしはその仕事をしなければなりませんか。

 

例文95 わたしたちはそこへ行かなければなりません。

 

例文96 あなたはここに来てもいいですよ。

 

例文97 あなたはこのケーキを食べてはいけません。

 

例文98 このペンを使ってもいいですか。―はい,いいですよ。いいえ,いけません。

 

例文99 彼女は忙しいかもしれません。

 

例文100 ドアを開けてくれませんか。

 

例文101 お手伝いしましょうか。

 

例文102 クッキーはいかがですか。

 

例文103 私を手伝っていただけませんか。

 

例文104 あなたは学生ですね。

 

例文105 彼はりんごが好きなのですね。

 

例文106 ジェーンは泳げないですね。

 

例文107 手伝ってくれませんか。

 

例文108 パーティーをしましょうね。

 

例文109 これはなんと美しい花でしょう。

 

例文110 私はバイオリンをひくことが好きです。

 

例文111 英語を話すことは簡単ではありません。

 

例文112 私の趣味はサッカーの試合を見ることです。

 

例文113 彼女はスケートをすることが好きです。

 

例文114 英語を勉強することは大切です。

 

例文115 私の望みは科学者になることです。

 

例文116 彼は医者になるために一生懸命に勉強しました。

 

例文117 私はあなたにお会いできてうれしいです。

 

例文118 私は今日、するべき仕事が沢山あります。

 

例文119 彼には遊ぶための時間がありませんでした。

 

例文120 サッカーをすることは簡単です。

 

例文121 私がピアノを弾くのは難しいです。

 

例文122 彼は駅への行き方を知っています。

 

例文123 私は彼女にわたしの家に来るように頼みました。

 

例文124 彼女はゆっくり歩きました。

 

例文125 彼は幸せそうに見えます。

 

例文126 その少年はボールを持っていました。

 

例文127 私の母がわたしにこの本をくれました。

 

例文128 私の母がこの本を私にくれました。

 

例文129 私たちはそのねこを花子とよびます。

 

例文130 姉と私は京都に行きました。

 

例文131 私が彼を訪ねたとき、彼は出かけていました。

 

例文132 私はメアリーはとても親切だと思います。

 

例文133 あなたはわたしの兄弟より年上です。

 

例文134 日本とイギリスではどちらが広いですか。

 

例文135 あなたは犬と猫ではどちらが好きですか。

 

例文136 富士山は日本で一番高い山です。

 

例文137 この本は3冊の中で一番面白いです。

 

例文138 3人の中で誰がいちばん年下ですか。

 

例文139 これは日本で最も深い湖の1つです。

 

例文140 私は健と同じくらい背が高いです。

 

例文141 たけしはトムほど背が高くありません。

 

例文142 健はクラスのほかのどの少年よりも背が高いです。

 

例文143 彼は両親に愛されています。

 

例文144 この車は彼によって洗われません。

 

例文145 この車は彼によって洗われますか。-はい,洗われます。いいえ,洗われません。

 

例文146 このレストランはいつ開けられますか。

 

例文147 この部屋は母によって掃除されました。

 

例文148 この手紙は彼によって書かれませんでした。

 

例文149 その絵は彼女によってかかれましたか。-はい,そうです。いいえ,ちがいます。

 

例文150 その本はいつ彼によって買われましたか。

 

例文151 私は以前、アメリカを訪れたことがあります。

 

例文152 私はトムに1度も会ったことがありません。

 

例文153 あなたは今までに韓国に行ったことがありますか。

 

例文154 私はもう宿題をしてしまいました。

 

例文155 彼はまだお皿を洗っていません。

 

例文156 あなたはもう部屋を掃除しましたか。

 

例文157 私は1年間,大阪に住んでいます。

 

例文158 私はずっとひまではありません。

 

例文159 あなたは最近ずっとひまだったのですか?―はい,そうです。いいえ,ちがいます。

 

例文160 今朝からずっと雨が降っています。